Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〈新型コロナ〉手術着の不足、第2波への備え…香川県の指定医療機関が直面する問題とは

配信

KSB瀬戸内海放送

 香川が国の緊急事態宣言の対象から外れて2週間がたちました。5月29日現在、香川に新型コロナウイルスの入院患者はいませんが、医療現場はある問題に直面しています。

 高松市立みんなの病院は、新型コロナウイルスに対応できる第二種感染症指定医療機関です。  感染が確認された人は陰圧室に入院します。陰圧室とは、病室の気圧を低くして別の病室や廊下に空気が流れ出ないようにした部屋です。 (記者リポート) 「病室内の空気は陰圧装置の中のフィルターを通して、ウイルスを含まない空気となって外にでていく仕組みとなっています」

今、医療現場が抱えている問題とはー

(高松市立みんなの病院/和田大助 院長) 「全体的な病院のことからいえば手術着。手術着が不足しまして手術を一部制限したり、不急の検査とか不急の手術は延期」  防護服の確保が難しく手術着を代用する病院もあるため、手術着の入手が困難になっているそうです。

第2波に備えて私たちにできることとはー

(高松市立みんなの病院/和田大助 院長) 「コロナウイルスは人について伝播していきますので、行動を自粛してもらうというのが一番。三密を避けるような行動はぜひ必要だと思います。もちろん手洗いも大事ですし。ウイルスに接触しないようなことが一番大事」

行政に求めることはー

(高松市立みんなの病院/和田大助 院長) 「第2波が心配されますので重症を受けいれる病院・中等症、軽症の病院・PCR検査をやっていただける病院とかそういった機能分担というかなんとかやってほしいと思います」

【関連記事】