Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

インターネット葬儀社の「落とし穴」 安くていい葬儀を行うためのコツ

配信

マネーの達人

「大切な家族の葬儀」誰もが納得いく形で送り出したいと思いますが、葬儀は多額な出費を伴います。 日本消費者協会が行ったアンケート調査では葬儀にかかる平均相場は195万円です。 もちろんどのような葬儀スタイルを選ぶかによってかかる費用はある程度コントロールできます。 しかし死別を受けとめ、故人の安寧を祈るいわば「心」に触れる儀式であるため、ただ安ければいいわけでもありません。 「とにかく安く」ということであれば、遺体を火葬するだけの直葬を選ぶことで20万円前後で済ますことができますが、すべての人がそれで納得するわけではありません。 他の買い物以上に、納得や満足が求められるからこそ「安くて」、「いい」このふたつを両立させるためのコツを考えてみましょう。

時間の余裕があるなら、事前相談は必須

もしも時間に余裕があるのなら、葬儀社の事前相談を受けておくことをおすすめします。 多くの葬儀は故人が亡くなって2~3日後に終わってしまいます。 そのわずかな期間のために、わたしたちは100万円前後の出費をしなければなりません。 また、打ち合わせの際には短時間でさまざまなことを決めなければならず、十分な時間をとって故人に向き合う余裕がありません。 経済的にも心理的にも、事前相談をしないメリットはないでしょう。 葬儀社と事前相談をしておくことで、 (1) 葬儀プランをじっくりと検討し予算計画が立てられる (2) 葬儀について事前に知っておくことで、いざという時の心理的負担が大きく軽減できる (3) 複数の葬儀社に事前相談することで比較検討ができる などのメリットを得られます。

自分の目と足で葬儀社を探す

最近ではさまざまな葬儀社の紹介サイトや仲介サイトがありますが、これらだけで判断するのはやめましょう。 もちろん、葬儀はいつどんな風に起きるかわかりません。 急に警察署や病院に呼ばれて、すぐに葬儀しなければならないというときに、葬儀社をじっくりと検討することなどできないでしょう。 そんな時には、こうしたサイトの力を借りても良いと思われます。 しかし、もしもわずかでも時間の余裕があるのなら、実際に葬儀を行おうと考えている葬儀社や会館に足を運んでみることをおすすめします。 どんな場所でどんな葬儀を行えるかがわかりますし、葬儀社のスタッフとじかに話すことで、その会社を見極めることもできます。

【関連記事】