Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

地球の磁気は年々弱まっている…特に南大西洋の「異常帯」で、衛星やISSなどに悪影響

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

地球の磁場は、有害な太陽放射などから地球を守っているが、その強さは一定ではない。 磁場の強さは過去200年間で9%低下している。 【全画像をみる】地球の磁気は年々弱まっている…特に南大西洋の「異常帯」で、衛星やISSなどに悪影響 衛星による観測で、南大西洋上の1つのウイークポイントが過去50年にわたって継続的に成長していることがわかった。 この磁場の弱体化は、衛星や宇宙船に誤動作を引き起こす可能性がある。 過去50年の間に、地球の磁場の弱点が大きくなっています。 地磁気による地球の鎧の裂け目は、南大西洋の上に位置しているので、科学者たちはそれをシンプルに「南大西洋異常帯(South Atlantic Anomaly)」と呼んでいる。それは心配するほどのものではない。今も致命的で破壊的な太陽放射から地球を守っているのだから。しかし、この地磁気が弱い領域は、より多くの荷電粒子がやってきて、機器の故障を引き起こす可能性があるため、この地域を通過する宇宙船や低軌道衛星に影響を与えるかもしれない。 さらに、欧州宇宙機関(ESA)の科学者たちは最近、過去5年間で異常が分裂した可能性があると報告している。磁力の弱い領域の一つはアフリカの南西の海の上に発達しており、もう一つは南米の東に位置している。 「この新しい南大西洋異常帯の東の領域は、過去10年間に出現し、近年は活発に発達している」とドイツ地球科学研究センターのユルゲン・マツカ(Jürgen Matzka)が5月20日のプレスリリースで語った。

「地磁気の穴」は拡大している

南大西洋異常帯では、1970年以降、地磁気が8%弱まった。これは、地球全体に起きていることを反映している。ESAによると、地球の磁場は過去200年間でその強度の約9%を失った。 ESAの研究者は、スワームと呼ばれる3基の衛星で、地球の磁場の変化を観測している。 以下のアニメーションは、2014年4月から2019年8月までの異常帯の変化を示している。地図上の白い点は、衛星が放射線を検出したことを示していて、時間の経過とともに、それが増加していることが確認できる。  マツカのグループには、なぜ異常帯が2つになったのか、その原因がはっきりとはわかっていない。 「今の課題は、このような変化を引き起こしている地球のコアの動きを理解することだ」とマツカは述べた。

【関連記事】