Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

GKノーチャンス シャキリが空いたコースに狙いすました一撃【ビューティフル・フリーキック】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 【動画】シャキリが空いたコースに狙いすました一撃 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、リバプールのスイス代表FWジェルダン・シャキリがストーク・シティ時代に決めたフリーキックだ。 バーゼルでブレイクを果たしたシャキリは、バイエルン、インテルと渡り歩いた後、2015年夏にストークへと加入した。2018年夏にリバプールに移籍するまで、公式戦93試合に出場し15ゴール15アシストを記録したシャキリだが、2016年10月22日に行われたプレミアリーグ第9節のハル・シティ戦では見事な直接FKも決めている。 シャキリのゴールでリードを奪っていたストークは、50分にゴール正面やや右の好位置でFKを獲得する。右利きのFWマルコ・アルナウトビッチと左利きのシャキリがキッカーを務める中、シャキリが味方が空けたコースへとしっかり蹴り込む。 低い弾道のままゴール右へ伸びたシュートに相手GKは全くのノーチャンス。そのままゴールネットを揺らした。 リバプールでは強力なアタッカー陣の中で出場機会を得ることに苦労しているシャキリだが、その左足がチームの助けになる日が来るはずだ。

超WORLDサッカー!

【関連記事】