Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島ドラゴンフライズでB1に挑戦する古野拓巳の思い「とにかく自信を持ってB1のシーズンに入りたい」

配信

バスケット・カウント

「10点満点と言いたいですが、ケガがあったので8点」

取材=古後登志夫 構成=鈴木健一郎 写真=B.LEAGUE 古野拓巳は昨夏に長くプレーした熊本ヴォルターズを離れ、広島ドラゴンフライズに加入した。B2で圧倒的な戦力を誇るチームへの移籍は、絶対に昇格しなければならないプレッシャーを伴うものだ。途中でケガがあり、シーズンが途中で終わったために、彼の出場試合数は36と伸びなかったが、それでも30.2分のプレータイムを得て7.5得点、7.9アシストとオフェンスを牽引し、結果としてB1昇格という目標も果たした。広島としても古野個人としても待ちに待ったB1。その挑戦へ向けた意気込みを語ってもらった。 ──まずは昨シーズンを振り返りたいのですが、広島での1年目の自己評価はどんなものですか?  B1に昇格できたので10点満点と言いたいですが、ケガがあったので8点かな。誰がどんなプレーをするのか分からないまま開幕を迎えてしまって、シーズンの最初は苦労しました。一番ボールを持つポジションの僕が、自分はシュートを打たなくてもいいので、チームの中でフラストレーションを溜めさせたくないと考えてやっていました。それでも良いシューターとしっかりしたインサイドがいるチームなので、やりづらくはなかったです。熊本の時は何が何でも自分でやるという思いでシュートの本数も多かったのですが、広島に来て変わった部分はあります。 オフェンスは自分のスタッツよりも、朝山(正悟)さんと(田中)成也さんの3ポイントシュート成功率が40%を超えていて、なおかつ(グレゴリー)エチェニケのフィールドゴール成功率が70%を超えて、内外のバランスが良かったことに手応えがあります。シーズンが進むにつれてディフェンスから走るバスケもできるようになったし、僕のシュートの本数も増えていて良かったです。 ヘッドコーチやアシスタントコーチ、また朝山さんといろんなコミュニケーションを取りながらチームとしても個人としても上向いていった1年間だったので、そこはすごく良かったと思います。 ──その成長の部分は、具体的にどんなところですか?  熊本の時はシュートが入れば勝つ、入らなかったら勝てないという感じで、バスケットを理解しているのではなく技術面だけで勝負をしていた感じです。それがこの1年間で技術面以外のバスケットをやれるようになれました。 ──プロになって初めての移籍で、初めて経験することが多かったと思います。精神的に引っ張る役割も果たせましたか?  熊本ではキャプテンをやらせてもらって、檄を飛ばしてチームを盛り立てていたと言われますが、自分では上手くやれている感じはありませんでした。ベンチに戻っても「そんなんじゃダメだ」と言っているだけ。言うべきことは言わなきゃいけないと檄を飛ばしていましたが、勝たないといけないと思いすぎて余裕がなく、あれが良いキャプテン像だとは思わないですね。広島では朝山さんや(谷口)大智さんがチームをまとめ上げていますから、僕は若手を盛り上げる役割でした。

【関連記事】