Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

第42回ぴあフィルムフェスティバル、石井裕也監督「確かなものは映画にある」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ぴあ

世界最大級の自主制作映画のコンペティション“PFFアワード”を擁する映画祭「ぴあフィルムフェスティバル」が9月12日、東京・京橋の国立映画アーカイブで開幕した。 第42回を迎えた今年は、新型コロナウイルス感染予防のための消毒や検温、換気を徹底し、定員数を約3分の1に制限し、ソーシャル・ディスタンスを確保して実施。そのメインプログラムで、新人監督の登竜門としても名高いコンペティション部門「PFFアワード」は今年、480本の応募作の中から選ばれた17作品、18歳~42歳の監督がグランプリを競う。世界三大映画祭を制した映画作家ロイ・アンダーソンの特集、PFFスカラシップ作品のお披露目など、オンライン配信を含めた貴重なプログラムも多数用意されている。 映画祭のオープニングを飾ったのは、PFFアワード2007グランプリを受賞した石井裕也監督(『舟を編む』『町田くんの世界』)の最新作『生きちゃった』。ワールドプレミアとなった上映後には石井監督をはじめ、出演する仲野太賀、大島優子、若葉竜也が登壇した。 愛をテーマにアジア各国の俊英が競作する「B2Bプロジェクト」の日本代表に指名され、石井監督自身がプロデュースも手がけた本作。「虚構をひっぺ返し、初期衝動と本質を追求する映画作りを、もう1回やらなければいけないと思った」と語る石井監督は、「映画界にもいろんな地殻変動が起こるなか、果たして自分はどんなスタンスで世界と接するべきか、考えなければいけない時期だった」と新たな時代の映画作りに、持論を転換。その上で「映画は虚構、フィクションですが、俳優たちが身体で体現した姿は、紛れもなく真実。僕自身もこういうものこそ見たいと思ったし、確かなものは映画にあると思う」と熱弁した。 仲野は「10代の頃から石井監督は、大きな存在で影響を受けている。俳優としてもいろんな気づきをくれた」と明かし、「芸名を変えた節目でもあったし、石井組に参加する機会がまわってきて、俳優として、人間として大きな転換点になると思った」と強い思い入れ。石井監督から受け取った脚本から「温度、熱量、情熱を感じた」といい、「映画に対する憧れと期待が宿っていた。これでダメなら、僕が一俳優としてのこだわりも揺らいでしまうかも…。そんなオファーだった」と振り返った。 「この役、この作品に会えたことに感謝している。ぜひ映画館来てほしい」(大島)、「純粋に向き合い、新しい領域に行けた」(若葉)と共演陣にとっても、本作は新境地を切り開くターニングポイントになった様子。石井監督は「無謀な試みに賛同してくれた3人で、本当に奇跡的なキャスティング。この作品の凄みは、俳優の迫力と熱気、魂でしかないし、この3人だからこそ可能だった」とキャスト陣の奮闘を称賛していた。 取材・文・写真=内田 涼 「第42回ぴあフィルムフェスティバル」 【会期】2020年9月12日(土)から26日(土)まで※月曜休館 【会場】国立映画アーカイブ(東京都中央区京橋3-7-6)

【関連記事】

最終更新:
ぴあ