Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

4月金融あっせん コロナで金額17倍 石川県商工会連

配信

北國新聞社

 石川県商工会連合会がまとめた4月の金融あっせん状況によると、件数は前年同月に比べて6倍の306件、金額は17倍の50億3923万円となった。新型コロナで売り上げが減少した企業を中心に、県制度融資の利用が目立った。リーマン・ショックの影響が残る2010年3月(53億円)以来10年ぶりの高水準だった。

 業種別のあっせん金額は、建設業が10億2781万円で最多となり、卸・小売業が9億6599万円、飲食・宿泊業が9億4785万円、サービス業が5億1574万円で続いた。

 使途別にみると、運転資金が49億4773万円、設備資金が9150万円。運転資金が全体の98・2%を占めた。

北國新聞社