Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゆきぽよ“脱おバカ”で掴んだ「新生バラエティークイーン」の座

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 ギャル系タレントのゆきぽよ(木村有希=23)が30日、都内で行われた「シック ハイドロボディ ライザップコラボキャンペーン」のイベントに登場した。  ゆきぽよは、ムダ毛について、「これすごーい! だからカミソリの刃がいっぱいあるんだぁ!……男も女も関係なくツル男、ツル子がいいと思います」とギャルらしいテンションながら、しっかりポイントを押さえたトークで宣伝した。  この日は早朝、多摩市のサンリオピューロランドから「スッキリ」(日本テレビ系)に出演。ハローキティと歌を披露し、午後1時からは本イベントと多忙。南海キャンディーズの山里亮太(43)からは、みちょぱ(21)、ファーストサマーウイカ(30)と3人合わせて「新生バラエティークイーン」と命名されている。 「自粛後、イベント自体が週に数本しかなく、テレビも出演者数が絞られ、タレントが淘汰されている。すでに忘れ去られている人も増えている中で、ゆきぽよはオファーが殺到する数少ない存在」(テレビ制作関係者)だという。  ギャル雑誌「egg」の読者モデルとしてデビュー。日本人の父と、フィリピンとスペインのハーフの母との間に生まれ、愛らしいハーフ顔とギャルマインドでギャルのカリスマに。17年の恋愛バラエティー番組「バチェラー・ジャパン」出演をきっかけに、18年には本家アメリカの「バチェラー」にも出演、海外でも爪痕を残した。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。 「“おバカじゃない”ところが新生クイーンの特徴でしょう。『スッキリ』でキティちゃんが耳にヘッドホンをしていないことを指摘され『骨伝導だから』とさらりと返したように、とっさの時に知性ある単語が出たり、核心をついたことも発言できるので、男女関係なく全世代から嫌われない要素を持っています。コロナの申し子・フワちゃん(26)も騒がしいけれどコメントはしっかりしていて下手な大人も論破できる破壊力がある。おバカに見せかけて“いい意味での裏切り”が共感を得ています。ゆきぽよさんはさらに“ハーフ顔”“ギャル”“人なつこい”という、バラエティーでウケるパーソナリティーに加え、英語ができなくても海外で成果をあげる“コミュニケーション能力”と、自分に求められるものをキャッチする“アンテナ力”も抜群。一時は第2のローラ、といわれましたが、日本の芸能界ではそれ以上の伸びしろがあると思います」  最近では、セクシーグラビアにも挑戦。コロナ禍すらギャル・ゆきぽよにとっては追い風のようだ。

【関連記事】