Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

惜別700系グリーン車

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 【汐留鉄道倶楽部】「グリーン車の切符を手配します」。講演にうかがう際にそんなありがたい申し出を頂いても「いえ、普通車で十分です」と固持してきた私だが、2020年の年明け早々に分不相応のグリーン車に乗り込んだ。  カモノハシのような先頭形状の700系が東海道新幹線(東京―新大阪)から3月8日のラストランで引退し、山陽新幹線(新大阪―博多)でもグリーン車を連結した16両編成がダイヤ改正前日の3月13日で定期列車から消えるのを控え、惜別のために自腹で切符を買って山陽新幹線の新大阪発博多行き「ひかり」に乗り込んだ。  1999年3月に営業運転が始まった700系の16両編成は現在残っている新幹線車両で唯一、自分の座席に腰掛けながらたばこを吸える喫煙車を連結しているのが特色だ。喫煙車は3両あり、うち普通車指定席が2両、グリーン車が1両ある。  だが、たばこを吸わない私にとって、喫煙車に腰掛けて立ちこめる紫煙に包まれながら過ごすのは想像できない。そこで、喫煙車のほかに700系の設備が何かを探っていると思い当たったのが普通車の常連である私には縁遠いグリーン車だ。16両編成の700系が定期運用を終了後も山陽新幹線で残るJR西日本の8両編成の700系「レールスター」には喫煙者も、グリーン車も備えていない。

 私が帰省した家内の実家から職場がある福岡市へ戻るために姫路駅(兵庫県)のプラットホームに立っていると、JR西日本の16両連結したB編成が滑り込んできた。四つ葉のクローバーを模したイラストの下に「GREEN CAR」と記した車両の扉が開き、車内へ進むと一瞬にして緊張感に包まれた。  床には落ち着きのある茶色をベースにしたカーペットが敷かれ、天井の照明は連なっている四つの円形から乳白色のぬくもりがある光が注ぎ込む。天井の2列になった蛍光灯がまばゆい白い光を放つ見慣れた普通車の光景とは一線を画すのだ。座席のクッションは厚みがあり、ゆったりとした座り心地だ。  座席の前後間隔が広く、後ろの乗客を気にせずに背もたれを大きく倒せるのはグリーン車ならではのぜいたくと言えよう。足元には普通車には備えていないフットレストがあり、読書灯の点灯スイッチを備えた座席間の肘掛けも大きい。  早朝の列車だったこともあって姫路駅では私を含めて乗客が5人しかおらず、静寂な車内空間で座席に身を沈めると、えもいわれぬ高級感に満たされた。座席を訪れた女性パーサーがおしぼり(ウエットティッシュ)を手渡してくれると、VIP気分は頂点に達した…。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS