Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ラグビー】1年で主力入り→2年目は有望新人と競争…。明大の大賀宗志、自粛中に固めた決意。

配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 マジックに引き込まれた。  地元の兵庫県にある白ゆり幼稚園に入った大賀宗志は、当時の垂優園長と約束をかわした。煙草を耳から鼻へと出す手品を見て、仕掛けがわからなかったらラグビーをすることになったのだ。垂園長は伊丹ラグビースクールの創設者で、過去には現サントリーの梶村祐介らも同じ手で楕円球界に誘っていた。  ひょんなことから始めたラグビーは、「自然と楽しくなって」と大賀。実力ある同級生に恵まれ、「ひとつのことを続ける力がついた」。日大などでプレーした父の宗高さんとは、伝統の早明戦などに視線を送った。自身のプレーするFWが前へ、前へと進む明大のファンになった。伊丹ラグビースクール、報徳学園高を経て、憧れの明大に入ったのは昨春のことだった。  実際に入った国内有数の名門クラブでは、「自分で考えてプレーできる選手、チームに貢献できる選手が上に残る」と感じた。全国の強豪校から集まる約90名の部員のうち、「しんどいフィットネスの練習の時、周りを鼓舞している選手は常に評価されている」ように思ったからだ。  自身もその隊列へ食らいつく。組織力を保つための「コミュニケーション」が必要だと皮膚感覚で学び、1軍のジャージィもつかんだ。  身長179センチ、体重106キロ。一線級の右PRにあっては決して大柄ではないが、攻守で鋭さ、激しさ、起き上がりの速さを貫ける。ルーキーイヤーから激しい定位置争いで上位に食い込んだのは、生来の長所と、何よりの向上心が同郷の田中澄憲監督らに認められたからだろう。  17歳以下日本代表入りした過去に触れ、こんな話をしていた。 「同世代では抜けた存在でいないといけないと常に意識していて。そのためには普通の練習をするのはあたり前で、そこからが(周りとの)差になる。個人練習には力を入れています。動画で自分のこれまでのスクラムをフィードバックすることも、意識してやっています」  1月11日、東京・国立競技場。大学選手権決勝では、リザーブ入りを果たしながら出番を得られなかった。35-45で2連覇を逃した瞬間を、タッチラインの外で過ごした。 「それが正直、悔しくて…」

【関連記事】