Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子どもの希望で自粛生活中に飼い始めた生き物は…なんと「ダンゴムシ」!? #コロナとどう暮らす

配信

サンキュ!

子どもに生き物を飼いたい!と言われた経験はありますか?  今回は、2児の母である三田とりのさんが送ったダンゴムシとの自粛生活について教えてもらいました。 【画像集】やらなくても大丈夫!主婦が「やめてよかった」家事 <教えてくれた人> 三田とりのさん…読むとついクスっと笑ってしまうような、飾らない等身大の生活について発信する2児の母。

子どもの興味と親の都合

何か飼いたいと言われましても、命を預かるには知識も場所もお金も必要な上に手間がかかります。 子どもは簡単かつ熱心に「飼いたい!」と言い出しますが、十中八九途中で投げ出して母親が面倒を見るはめに。以前釣ったハゼとザリガニをねだられて飼いましたが、結果は案の定。 そして、死んだあとどうするのかも悩むところなのです。 さて、ある日散歩をしていたところ、息子がダンゴムシを見つけました。虫が嫌いな息子が唯一触れるのが「ダンゴムシ」。 「飼いたい~……」 親の欲。生き物を飼うのは大変だけど、生き物を飼うことで学んでほしい気持ちもある。 これが哺乳類なら即決でお断りですが、相手はダンゴムシ。その辺にいるし、その辺に逃せばいい。スマホで検索すると、どうやら簡単に飼えるらしい。 黒いのがオスでグレーなのがメスだという知識を以前絵本で得ていた母は、元気そうな雌雄のダンゴムシを10匹ほど捕まえ、同じ場所の土と落ち葉とともにタッパーに入れて飼うことにしたのです。

ダンゴムシが可愛い

餌は落ち葉のほかに人参、大根の葉や煮干しなどを食べるとのこと。料理をするときに少し取り分けたり、買い物をするときに葉つきの物を選んであげていました。人がいなくなると出てきてモシャモシャ食べるのですが、なかなか食欲旺盛で夜に入れると朝には人参の形が変わっているような状態でした。 音も匂いも鳴き声もないので、集合住宅にピッタリ! 途中から休校&自粛生活に入り、うるっさい子どもたちを横目に「お前たちは静かでいいな~」と話しかけながら暮らしてました。 飼っている間にニュースになったのですが、ダンゴムシが大好きでずっと飼育しながら研究していた高校生が『ダンゴムシの糞がカビの発生を抑える』ことを発見したそうです。確かに、毎日霧吹きで水を吹きかけていても土や葉っぱにカビが生えませんでした。 うちじゃあ何年育てても気づかなかったでしょうが、世の中には身近な所から凄い発見をする人がいるのだなとため息の出るニュースでした。

【関連記事】