Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

同僚には70代も。ベンチャー企業で自分を追い込み、チャンスを作り出す

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

米国の大学院でMBA取得後、眼科医療機器を扱う日本企業で国際プロダクトマーケティングに従事、現在は高齢者や難聴者向けのスピーカーの開発・販売を行うサウンドファンで、マーケティング本部 本部長 執行役員を務める金子一貴氏。現在34歳の金子氏にこれまでのキャリアやこれからのチャレンジについてお話をうかがった。

Webが一般に普及してすでに20年以上が経つが、未だにWeb業界のキャリアモデル、組織的な人材育成方式は確立していない。組織の枠を越えてロールモデルを発見し、人材育成の方式を学べたら、という思いから本連載の企画がスタートした。連載では、Web業界で働くさまざまな人にスポットをあて、そのキャリアや組織の人材育成について話を聞いていく。  

パソコン持たずに、アメリカにMBA留学

林: 最初にWeb、コンピューターに触れたのは、いつ頃ですか? 金子: はっきり覚えていないのですが、小学5年生の時に塾にパソコンがあったので、それを触ったのが初めてだと思います。両親はパソコンに関心がなかったので、家にはありませんでした。塾では、調べ物をしたり、ゲームをしたり、というような利用でした。中学、高校ではパソコンの授業はありましたが、それほど興味がありませんでした。大学でも論文にWordを使ったくらいです。 2005年にMBAを取るため米国ウィスコンシン州の大学院に留学したのですが、その時も日本からパソコンを持っていかなくて。なくても勉強できると思っていたのですが、授業で当たり前にパソコンを使うので、あわてて実家に仕送りを頼んで現地で調達しました。それから、パソコンやWebを自分で使い始めました。ちょうど、Facebookなどが広まってきた時で、その流れで活用するようになりました。 森田: Facebookが英語圏のSNSとして利用者が増え始めた頃ですね。大学院を終えた後のことはどう考えていたのですか? 金子: 4年半アメリカにいたので、将来的には海外でチャレンジしたいと考えていますが、卒業後は一度日本に戻ることにしました。外資系の日本法人だと意思決定の裁量に制限があって不自由なイメージがあったので、日本企業に就職しようと決めていました。 留学中の学生を対象にした日本のキャリアフォーラムがボストンで開催されたので、それに参加しました。国内で行われる会社説明会と違って、現地で4日間かけて最終面接までやるような、短期集中の選考会です。グローバル人材を求める日本企業が参加しているので、その中で決めました。 森田: 日本の学生は1年くらいかけて就活するそうですから、そこで決まるなら話が早いですね。