Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【顔筋ほぐし】<小顔編>オンライン会議前の3分で「小顔」になるテク

配信

集英社ハピプラニュース

定着しつつあるリモートワーク。人目を気にせず仕事に没頭していると、姿勢が悪くなったり表情が乏しくなったり……。オンライン会議前、モニターに映る自分の顔にギョッ! という経験がある人も多いのでは? そんな方のために、わずか3分で声も表情も明るくなる方法を教えてもらいました。 <画像>【働く女子のためのずぼらヨガ】1ポーズで心も体もスッキリ! 教えてくれたのは... ●アンチエイジングデザイナー 村木宏衣さん 女優やモデルが足繁く通うサロン「Amazing beauty」の代表。骨格や筋肉の歪みを瞬時に見抜き、独自のメソッドで本来あるべき姿へと導く、美ボディづくりのプロフェッショナル。チャーミングで小柄な容姿からは想像もつかないパワフルな施術で、海外のVIPやセレブリティの顧客も多く持つ。

オンライン会議前の3分で「小顔」になる

「何かとガマンすることが多かった自粛生活期間。急激な環境の変化も手伝って、知らず知らずのうちにストレスが溜まっている人も多いのでは? ストレスが溜まると無意識のうちに食いしばりが強くなり、咬筋(こうきん)が張りやすくなります。それにより、顔が横に大きく見えたり、エラの張りが目立ちやすくなってしまうのです。咬筋がほぐれれば、すっきりとしたフェイスラインが復活しますよ」(村木さん)

1:咬筋に反対の親指を固定する

あごの関節には、食事をするときで20kg、睡眠中の歯ぎしりでは100kgもの負荷がかかっていて、咀嚼時に使う咬筋にも疲労が溜まりやすく。筋肉のコリをしっかり捉えるために、親指を頬骨の下にあてたら人差し指をエラの後ろ側に引っかけ、咬筋を挟むように手を固定する。

2:筋肉の動きを感じながら「あぐあぐ」と口を大きく動かす

親指と人差し指で咬筋を挟んで、しっかりおさえながら、手は固定したまま顔を正面に向け、

「あぐあぐ」と口を動かす。

筋肉に沿って親指を下にずらしながら、3カ所で6セットずつ繰り返す。筋肉が硬くなっていると痛みを感じることがあるが、痛みが和らいできたらコリがほぐれてきた証拠。 オンライン会議前、たったこれだけでフェイスラインがシャープに! ぜひ試してみてくださいね。 イラスト/きくちりえ 取材・文/野崎千衣子 企画/山岸成実<BAILA>

【関連記事】