Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【新潟2歳S】ブルーバード 軽快 中2週も状態は万全「しまい流す程度で良かった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「新潟2歳S・G3」(30日、新潟)  ダリア賞の覇者ブルーバードは26日、美浦Wで単走。馬なりの調整だったが、軽快な動きで状態は万全だ。 【写真】ダリア賞を鮮やかに差し切ったブルーバード  これで十分だ。新馬戦、ダリア賞を連勝中のブルーバードは、美浦Wで単走。しまい重点に4F53秒3-39秒7-12秒9の時計を記録し、素軽い動きを見せた。半マイルからの追い切りとなったが、今回は中2週での競馬。中舘師は「2回使って疲れは出ていたものの、その疲れも取れました。きょうはしまいを流す程度で良かったと思います」と中間の状態を説明した上で、順調ぶりをアピール。体調は安定している。  前走のダリア賞は重馬場をものともせずにメンバー最速の上がり3F35秒6をマークしてV。師は「前走は馬場に脚を取られながらもしっかり伸びてくれた。根性がありますね」とうなずく。騎乗した柴田大も「いい内容の競馬でした」と高い評価を与えた。  舞台は新潟外回り1600メートル戦。鞍上は「前走の競馬から1F距離が延びるのは問題ないと思います」と不安視していない。410キロ台の小柄な牝馬だが、鋭い決め手は一級品。直線の長い舞台で、最高の輝きを放つ。

【関連記事】