Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ストレスを解消して、心を整えよう…一家に一台、瞑想用ポッドはいかが

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

OpenSeedによると、瞑想ポッドは忙しい環境の中で「静寂のひととき」をもたらす

心を静め、パフォーマンスを高めるため、子宮のようなデザインになっている

音楽や照明、香りを使った環境づくりで、瞑想へ導く

LEDライトは、オーディオと同期する

瞑想ポッドの色は、呼吸法の合図としても機能する

利用者は中に入り、いくつかの瞑想体験の中から好きなタイプを選択する

15インチのタブレットで操作する

内部には、瞑想タイプに合わせたエッセンシャルオイルが用意されている

1人で使用する際は、中央のクッションにあぐらをかいて座る。クッションを外すと、最大3人まで座れるベンチになる

スピーカーが配置されていて、没入感のあるオーディオ体験ができる

スピーカーはヒーリング効果のある「音の振動」をもたらすと、OpenSeedは言う

瞑想ポッドは外部の多くの騒音を遮断するが、ノイズキャンセリングヘッドホンも付いている

4つのファンが換気を行い、室内の温度調節も可能

人間工学にもとづいたシートで、姿勢をサポートする

最新のSpaceTimeモデルは、殺菌UVライト付き

OpenSeedによると、ポッド自体は50平方フィート(4.6平方メートル)を占めるが、設置には少なくとも100平方フィート(9.3平方メートル)が必要だという

重さは1000ポンド(約453kg)で、12時間で設置できる

構造体は合板で、内部にはフェルトが貼られている

OpenSeedはBusiness Insiderに、スタンダードモデルは2万5000ドル、先進的なサウンドパッケージ搭載のプレミアムモデルは2万7000ドルだと語った

Mary Meisenzahl

【関連記事】