Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

反町隆史が語る「コロナ禍に別荘暮らし」の理由 一家そろって琵琶湖のほとりへ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 コロナ禍で県境を跨(また)ぐ移動もままならない中、影響をモロに受けた芸能界のビッグカップルがいる。反町隆史と松嶋菜々子夫妻。滋賀県は琵琶湖のほとりで、頻繁にその姿が目撃されているが、事の次第を反町本人に尋ねてみると……。 【写真】昔も今も変わらず「セクシー」な反町隆史

「ええ、このジムで反町さんとよくお会いします」  と明かすのは、滋賀県内のさる高級スポーツジムに通う年配の女性会員だ。 「見た目も引き締まって『相棒』から飛び出してきたみたい。トレーナーの方を2人つけ、懸垂やランニングマシーンなどかなりハードにこなしています。3月にお見掛けした時は、“コロナなのに来ているのね”なんて声もあったけど、フレンドリーな方なので悪い噂は聞きません。手を振れば笑顔で返してくれて、サインを貰った人もいます」  ドラマ「GTO」(グレートティーチャー鬼塚)での共演がきっかけで交際を始めた2人は、結婚20年目の節目を迎えた。反町は埼玉出身で妻の松嶋も生まれは神奈川。一家は都内在住となれば、なぜ彼は縁もゆかりもない滋賀で汗を流しているのだろう。  理由のひとつは、日本一の面積を誇る湖にあった。  琵琶湖畔のマリーナで船舶を扱う地元業者が言う。 「反町さんは、10年ほど前からバス釣りに来ていて、湖を一望できる一等地に別荘を買った。釣り用ボートを4、5隻も所有しているのは界隈で彼だけ。マリーナに停泊させる維持費は1隻あたり年間20万~30万円かかるしね。ギャンブラーという外国製の船が好きで、レストアして1隻1千万円は下らないと思うよ」

「そろそろ東京に帰る」

 肝心の腕前を地元のバス釣りファンに訊くと、 「20代の頃からやっていて、70センチ近い大物を釣り上げたこともある。反町さんは“ワールドレコードを取ったら俳優をやめる”なんて冗談を飛ばすほど気さくな人で、牛丼屋みたいな店にも顔を出すから、近所や釣り仲間にも友人が多い」  すっかり馴染んでいる様子だが、よもやコロナ疎開にかこつけて、近畿の水甕に骨を埋めるおつもりか。 「『相棒』の収録が始まるので、そろそろ東京に帰ることになりますね。3カ月の休暇もおしまいです」  と口を開くのは、当の反町本人。別荘から顔を出したところで本誌(「週刊新潮」)の取材に応じ、こんな話をしてくれた。 「ココでの暮らしは3月下旬からだけど、毎年その時期に来ているんです。もちろん嫁も一緒。子供の春休みと『相棒』のシーズン終わりが重なり、家族みんなで過ごせるから。けれど今年は4月に入って緊急事態宣言が出てしまい、東京へ帰れなくなってしまった。だから、コロナが怖くて逃げてきたわけじゃないよ」  実際の暮らしぶりについて水を向けてみると、 「撮影もないから家族でゆっくり。自然の中で過ごすのが好きだから。子供にはあまり仕事の顔を見せたくないので、芝居の練習はしていないよ。これは妻も同じ。その代わり仕事再開に向けて体は鍛えています。筋力も体重も現状をキープ。体重は増えていませんよ」  最後は記者を気遣い、新しいマスクを土産代わりに持たしてくれたグレートティーチャー。その姿がテレビで復活する日も近い。 「週刊新潮」2020年6月25日号 掲載

新潮社

【関連記事】