Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ラグビー】「試合からいちばん遠くにいた」小林健太郎(キヤノン)のやりたいこと。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 在籍3年。  2017年の12月には、同志社大学時代にも経験した右ヒザの前十字靭帯を再受傷したから、プレーできた時間はもっと少なかった。  キヤノンイーグルスのCTB、小林健太郎はトップリーグで活躍できぬままブーツを脱ぐことになった。  カップ戦には2018年11月のNEC戦で後半22分からピッチに立つも、リーグ戦への出場は叶わなかった。  でも、言い訳なし。 「トップレベルで3年やれたことは自分の中で誇りに思うので、ラグビーのプレーヤーとしての生活は、ここで終わりにするつもりです」  少年時代からの13年を振り返って思う。 「プレーヤーとしては大満足です。もっとできただろう。人はそう言うかもしれませんが、ここまでこられるとは思っていなかったので。出会い。感動。ラグビーを通していろんなことを経験しました。人生の中で、価値のある時間でした」  イーグルスで試合に出られなかった理由を「実力」と話す。 「自分のプレーに自信が持てなかった。長所や、これ、というものを持てなくなっていた。極める。貫き通す。その軸がなかった」  学生時代は、スピード豊かにタテに切って出るプレーが得意だった。しかし、例えばチームメートの南アフリカ代表、ジェシー・クリエルなど、インパクトあるプレーをする者は同じポジションにいくらでもいた。 「以前は通用していたフィジカルの部分が強みにならず、自信がなくなっていたかもしれません」  絶対に、ここでは負けない。他の人との比較ではなく、自分の中にそういうものを持つ。  いま振り返って感じるその思いを、若いプレーヤーには強く持ってほしい。  ラグビーは中学1年で始めた。横浜から函館ラ・サール中学校、同高校に進学したのがきっかけだ。  寮生活。仲間たちとともに勉強と楕円球に没頭した6年間は、自身の基礎を築いた。花園出場を重ねる後輩たちとは違い、まだ、階段を上る途中にいた。 「函館で負けることもある時代から始まりました。だから正直、花園、花園というより、留学生もいる(強豪校の)札幌山の手に勝つにはどうしたらいいのか。そればかりを考えていました」  3年生の時、チームは初めて花園予選決勝に進出した。敗れたものの、勉強との両立など制約のある中で、力を蓄えたことは自信になった。全員で同じ方を向くことで生まれるパワーを知った。

【関連記事】