Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渡米していた私が見た激動の数日。コロナ禍で「一瞬で街から人が消えた」

配信

女子SPA!

 新型コロナウイルスのパンデミックにより、世界中で非常事態になっています。日本でも日に日に感染者が増え、首都圏では医療崩壊が危惧されています。 ⇒【写真】閑散とするリトル・トーキョー  ここまで事態が深刻になる直前、仕事で3月9日から17日まで、ロサンゼルスに行っていました。CSUNカンファレンス(国際障害者技術支援会議)に出席するためです。

何事もなく終わったカンファレンス

 出発前の3月上旬はまだ中国や韓国が主な感染地だったと思います。開催されるか疑問だったカンファレンスは「慎重に議論した結果、開催することになった」と連絡がありました。往復の航空チケットや参加費6万円を払っていたこともあり、返金できないというので予定通りに出発したんです。とにかく行く前は風邪も引かないように気をつけていて、あまりのプレッシャーに胃炎になってしまった。健康維持って難しい……。  当時アメリカではインフルエンザで亡くなったかたが1万人を超したということで、行く前はむしろそちらのほうが怖かったです。ロサンゼルスへの直行便が欠航になったのでサンフランシスコ経由で行きましたが、空港でマスクをしていたのは、アジア人数名。  少し前に「ニューヨークでマスクをしていた日本人が暴行を受けた」というニュースがあったばかりだし、在米韓国人の方は「韓国人街で暴行事件があった」と言うし、新型コロナに対するアジア人への差別がめちゃくちゃ怖かったです。欧米は「病気の人しかマスクをしない」文化だと聞いていたので、私も現地に着いたらマスクはしないようにしました。そして何かに触ったら、それが信号機の押しボタンでも、すぐにアルコールで消毒です。  展示会と講演で構成されたCSUNカンファレンスですが、会場のあちこちに消毒用のジェルが置いてある以外は、マスクをしている人もいません。換気のためか会場内は送風が強くてめちゃくちゃ寒かったですが、10日~13日の会期中、大きな混乱はありませんでした。ビュッフェの提供までありました。

【関連記事】