Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

SBI証券からも1億円不正流出 “菅義偉首相のブレーン”北尾社長が支払うツケ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

 知らぬ間にネット決済口座を通じて預金が流出した「不正引き出し事件」は証券会社にも波及した。ネット証券最大手のSBI証券が9月16日、6つの顧客口座から約1億円が流出したと発表したのだ。 【写真】この記事の写真を見る 「SBIのシステムはドコモ口座と異なり、『ユーザーネーム』『ログインパスワード』『取引パスワード』など、出金操作までに複数のパスワードを入力する必要がありました。ところが、これらの個人情報が他のネットサービスから不正に盗み取られていた。被害者の中には、知らぬ間に保有株式がすべて売却され、口座がカラになっていたケースもあります」(市場関係者)  事態を重く見た金融庁はSBIに対して報告徴求命令を出し、詳しい経緯などを報告するよう求めた。 「今回の事件は、菅政権の誕生で追い風が吹いていたSBIホールディングスの北尾吉孝社長(69)にとって、思わぬ躓きと言えるでしょう」(同前)  野村證券出身の北尾氏はソフトバンクの株式公開を担当したことから、孫正義社長にスカウトされ、99年にソフトバンク・インベストメント(現SBIインベストメント)社長に就任。ネット証券の手数料ゼロをぶち上げるなど、業界の価格破壊を主導してきた。

SBIの「第4のメガバンク構想」に暗雲が……

「菅義偉首相とは電話でやり取りするなど昵懇の間柄で、菅氏が総裁選出馬会見で言及した地銀再編についても、背景に北尾氏の存在が囁かれました。というのも、北尾氏は以前から『第4のメガバンク構想』を掲げ、福島銀行や島根銀行など地銀4行に出資しています。ただ、取引先の粉飾決算もあって島根銀行が赤字に転落するなど、必ずしも出資は成功しているとは言い難かった。ところが菅氏の発言以降、島根銀行をはじめ、各地銀株は急騰。SBI株も跳ね上がり、北尾氏はホクホク顔だったはずです」(地銀幹部)  しかし「第4のメガバンク構想」では、SBIグループが地銀の業務システムやフィンテックなどのインフラ、資産運用を受託することになっている。SBI証券のシステムはその中核だ。今回の事件を受け、地銀のシステム受託にも悪影響が生じかねない。 「つみたてNISAの創設など『貯蓄から投資へ』を掲げてきた金融庁にとっても、個人口座数がネット証券で最多のSBIで不正引き出しが起きたことは痛恨事。国民が証券運用に慎重になってしまうと頭を痛めています」(金融庁関係者)  SBIは自社のシステムから不正取得されたものではないとした上で、被害の全額を補償すると発表。だが、北尾氏が支払うことになるツケはそれ以上に重い。

森岡 英樹/週刊文春 2020年10月1日号

【関連記事】