Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

常盤貴子「あの頃の私に教えてあげたい!」憧れの石田ひかりとの対談に大感激!!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

禁酒法の時代に、こっそりひそかに経営していたBAR『SPEAKEASY』。2020年の東京の街にも、そんなひそかなバーがありました。月曜から木曜の深夜1時にOPENする“ラジオのなかのBAR”『TOKYO SPEAKEASY』。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。 7月21日(火)のお客様は、常盤貴子さんと石田ひかりさんです。今回が初対面となるお2人が、共通項でもある大林宣彦監督の話を中心に、お互いの“想い”を語り尽くします。

◆実は初対面!

常盤:はじめましてー! 石田:はじめましてー! 常盤:まさかひかりちゃんに会えるなんて……本当に憧れていました。 石田:いえいえ、とんでもない! 常盤:あの頃の私に教えてあげたい。“ひかりちゃんに会える日がくるんだから頑張りなさい!”と。本当に夢のような日になりました。 石田:何を言っているんですか。 常盤:昨日も全然眠れなくて、本当に緊張しちゃった。今も緊張はしているんですけど(笑)。 石田:何で~!? ただ、初対面で台本もなくいきなり“1時間話してくれ”っていうことに対しては純粋に“どうしようかな”って(笑)。 常盤:これは、だいぶ大林(映画監督:大林宣彦)的ではありますよね。「できるよねー」って、きっと大林監督なら仰るんじゃないかなって。でも、私は本当にひかりちゃんの「ふたり」っていう映画が大好きで。大林(監督の)映画を好きになったきっかけはこれでした。あと、(私たち)同い年なんですよね。 石田:うん。そうみたいだね。 常盤:そう! それで、“同世代の方がやられている”っていうので観るようになって。だから、映画「はるか、ノスタルジィ」もすごく好きで観ていて、その後に尾道三部作(映画「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」の3作品)を観ていった感じで。ひかりちゃんはもうずっと大林映画を観ていたの? 石田:えっと……でも代表的なもの、「転校生」とか「時をかける少女」とかは観ていて。 常盤:最初のお仕事のときには観てた? 石田:観てた、観てた。映画のデビュー作に、まさかこんな有名な方の作品に出していただけることになるとは夢にも思っていなかったので。本当に“幸せなことだったなぁ”って。「ふたり」は、私が18歳だから……もう30年前。 常盤:いやー、すごい! 石田:「ふたり」のことは、わりといろんな所で話していただくことも多くて。やっぱり私にとっても本当に大きな作品だったし、ありがたいなぁって。監督には感謝しかないよね。 常盤:へぇー! ってか、声が本当に素敵。今も聴きながら“うっとり”して……(直接会って)間近でこんな体験ができてすごいな。 石田:いえいえ(笑)。私は私で常盤ちゃんは、チャレンジングな作品が多いなぁと思うし、ちゃんと結果を出される女優さんだなぁって。本当にそうだと思う。 常盤:いやいや……。

【関連記事】