Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ほぼターマック用ラリーカー】アリエル・ノマドRへ試乗 タイプR用2.0L搭載

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AUTOCAR JAPAN

5台限定のターマック用ラリーカー

text:Matt Prior(マット・プライヤー) translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)   1990年代、125ccの2ストロークエンジンを積んだ、カジバ・ミト125というスポーツバイクが人気だった時期がある。ギアは7速あるが、どのギアでも同じように加速する、と当時のレポートは記していた。 【写真】ノマドとアトム ボウラーも (100枚) アリエル・ノマドRに乗ると、そのカジバ・ミトを思い出させる。トランスミッションは6速のシーケンシャル。ラリー仕様のクロスレシオで、6速での40km/hも、1速での80km/hも、同じくらい楽しい。アクセルを深く踏めば、それで済む。 初代のノマドが登場したのは2015年。アトムの汚れた兄弟、としてリリースされた。オンロードを走るのはアトムで、オフロードを走るのはノマド、というわけ。「左に曲がってサーキットへ向かうか、右に曲がって原野へ向かうか」そんな2択だ。 2016年には、スーパーチャージャーで過給されるノマドも登場している。しかし筆者が最も面白いと感じたのが、このノマドR。 アリエル・ノマドの開発責任者、ヘンリー・シーベルト-サンダースは、「ターマック用ラリーカーに可能な限り近づけてあります」と説明する、限定マシンだ。その台数は、わずかに5台だけ。 そのうちの3台は、古いホンダ・シビック・タイプR用の2.0Lエンジンにスーパーチャージャーを取り付けたユニットか、アトム4にも積まれている新しい2.0Lターボユニットが搭載される。 残りの2台はまだ明らかになっていない。通常搭載されるのは、2.4Lのホンダ製ユニットだ。今後登場するであろうノマドMk2にも、新しい2.0Lターボが選ばれることだろう。

タイプR用エンジンに6速シーケンシャル

2.0Lエンジンはドライバーの後ろに横置きされ、スーパーチャージャー版の場合、最高出力339ps/7600rpm、最大トルク33.5kg-m/5500rpmを発生する。トランスミッションは、先代のアトム3.5Rのように、サデブ社製の6速シーケンシャルが組み合わされる。 もちろん後輪駆動で、LSDも装備する。トランスミッションはストレートカット・ギアで、ドッグリングと呼ばれるクラッチ構造を採用。シフトダウン時にはオート・ブリッピングも働く。3ペダルだが、走り始めればクラッチ操作は必要ない。 従来のノマドが備えていた、渡河性能は犠牲になっている。変速に用いられるエアコンプレッサーや補機類がセンタートンネルに搭載されているから、ホイール高の半分以上の水深にはノマドRを入れない方が良いだろう。 通常のノマドでも、深い川を渡りたいと考える人は少ないとは思う。けれど、エンジンの給排気が難しくならない深さなら、入っていけるのだ。 ダンパーには2つの選択肢がある。今回の試乗車に装備されていたのは、調整式のオーリンズ製。ホイールは18インチで、タイヤはヨコハマ製のA052。高性能なオンロード用トレッドだ。 確かにノマドRは、オンロード、ターマック用のラリーカー。あるいは、タイヤが4本のスーパーモト・バイク。 価格はかなり高い。英国で7万7400ポンド(1037万円)。ただし、ほとんど減価償却はされないから、損はないだろう。正直にいって、最も無意味なクルマでもある。サンダースのお気に入りでもある。

【関連記事】