Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ギャンブル依存症の実態とは!? パチンコで地獄を経験した男性の告白

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FASHION BOX

賭博をやめることができない「ギャンブル依存症」。そのなかでも依存症になる人が一番多いといわれているのが、パチンコ・パチスロだ。1年間365日、休まずパチンコを打ち続けるヘビーユーザーたちが業界を支えていると言っても過言ではないが、依存症の深刻さは年々増している。ギャンブル依存症の実態とあわせて、元パチンコ依存症男性が告白した、恐ろしき「沼」の実態に耳を傾けてみよう。

厚労省の「依存症」実態調査

コロナ禍の日本で、それでもパチンコ店の前に並ぶパチンコファンたち。テレビカメラが映し出した彼らは、スタジオの識者によって「ギャンブル依存症」と認定された。 何らかの理由で賭博から抜け出すことのできない「ギャンブル依存症」は、長らく日本の社会問題として認知されている。 統合型リゾート(IR)整備推進法の施行による「カジノ解禁」に向け、厚生労働省は2017年、本格的なギャンブル依存症に関する調査を実施した。 その結果、生涯でギャンブル依存症になったことがあると思われる割合は成人の3.6%(国勢調査のデータから約320万人と推計)、直近1年間でも0.8%(約70万人)が「依存症と疑われる」という結果が出た。 この調査は国立病院機構久里浜医療センターが、20~74歳の男女1万人を対象に調査したもので、過去にギャンブル依存症が疑われる状態になった人は158人(3.6%)。うち、パチンコ・パチスロが対象の人が123人と最多で、男性は人口比に対し6.7%が依存症経験ありとされ、女性(0.6%)の10倍以上、依存症リスクが高いことが分かった。

ヘビーユーザーは30%弱

日本では、依存症問題においてやり玉にあげられるのは圧倒的にパチンコ、パチスロが多い。パチンコは毎日、いつでもできるという点が「常習性」と深く結びつくと言われる。 エンタテインメントビジネス総合研究所が発行する「パチンコ・パチスロプレイヤー調査」によれば、近年のパチンコヘビーユーザー(週に2回以上店に行く人)の割合は、参加人口の約30%弱で推移しており、年間1回以上、パチンコをした人の数である「参加人口」が約1000万人いることを考えると、200~300万人がコアなファンということになる。 現在のパチンコ、パチスロは、1回の投資額が1万円以下でおさまる遊びではない。ヘビーユーザーは、常に大勝ちを目指しているため、出るまで2万円、3万円の投資を惜しまない。すると、実態としてはほとんどのヘビーユーザーが「依存症」に当てはまる。 ただし、依存症とは基本的に「負けているのにやめられない」という状態を指す。依存症によって困窮し、家庭や生活が崩壊、あるいは精神的に病むことで社会問題化するわけだから、もしパチンコファンが全員黒字になっていたら、この問題はある意味で存在しない。本当のギャンブル依存症の実数は「負けた人の数と額」の調査が不可欠なのである。

【関連記事】