Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中日のビシエドも負けるな!ソフトバンク柳田が魅せた「ホームランは野球の華」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

フルスイングから放たれた打球は巨大ドーム球場の天井に到達した。その後、はね返ったボールはグランンドに落ちてきたが、相手チームの野手たちも、そしてスタンドにいた5000人の観客も、一瞬あ然としたことだろう。

驚いた!柳田の天井直撃弾

福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が、2020年7月18日の京セラドーム大阪、オリックス・バファローズ戦で打ったホームランは、その舞台となったドーム球場でも、そしてプロ野球史でも、長く語り継がれることだろう。 ライト方向へ高く高く打ち上がった打球は高さ40メートルほどの「スーパーリング」と呼ばれる屋根の照明灯付近に当たった。中日ドラゴンズの本拠地ナゴヤドームと同様に、京セラドーム大阪にも“認定ルール”があり、打球は「ホームラン」となった。推定飛距離150メートル。柳田選手は過去にも横浜スタジアムのセンター奥ビジョン直撃など度々豪快なホームランを打っていて、またも自らのホームラン史にも新たなページを刻んだ。

ブランコもビシエドも打った!

ドラゴンズファンが天井直撃で思い出すのは、かつて在籍したトニ・ブランコ選手が入団1年目の2009年5月7日、広島東洋カープの前田健太投手(現ミネソタ・ツインズ)から放ったホームランであろう。レフト側の天井、高さ50メートルに備え付けられているスピーカーを直撃して、ホームランに認定された。 11年たった今でも、観戦でナゴヤドームに訪れる度に、ついそこに目をやる自分がいる。ナゴヤドームは記念プレートなどのモニュメントを設置せずにとても残念だったが、京セラドーム大阪は今回どうするのだろうか。 現在ドラゴンズの4番として活躍するダヤン・ビシエド選手が、2016年6月8日にこの京セラドーム大阪で特大ホームランを放ち、左中間最上階の5階席の座席を直撃して穴を開けたことがある。この時もすぐに新しい座席に交換されて“記念の痕跡”は消されてしまったが、今回の柳田弾は何か一考してもいいのではないだろうか。

【関連記事】