Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スランプ克服の渡邉彩香「自信が戻ってきた」開幕戦から2位浮上! 静岡・熱海市出身

配信

静岡朝日テレビ

<国内女子ゴルフツアー:アース・モンダミン・カップ>◇第2日◇26日◇千葉・カメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)◇賞金総額2億4000万円(優勝賞金4320万円)  静岡県熱海市出身の渡邉彩香(26=大東建託)が、今季ツアー開幕戦から「復活」ぶりを見せている。2日続けての69をマーク。通算6アンダーで第1日の17位タイから、首位で通算9アンダーの田中瑞希(21)に3打差の2位タイに浮上した。ホールアウトすると、「ショットの調子が昨シーズンに比べると良くな って 、自信が段々、戻ってきたのが 一番大きいと思います」と手応えを口にした。  渡邉は、ツアー通算3勝で2015年には賞金1億円超だったが、スイングに試行錯誤し、スランプに陥った。18年にシード落ちし、19年は賞金ランク115位。だが、昨夏から新たなコーチに指導を受けるようになってから、「また、ゴルフが楽しくなってきた」と言い、今年2月14日放送の静岡朝日テレビ「スポーツパラダイス」(金曜午後11時10分)では、番組MCの元サッカー日本代表澤登正明氏に、今季への準備状況を明かしていた。  「(ダウンスイングで)パワーをためたくて、いつまでも右手が体にくっついて、リリースが遅れていることを指摘されました。それが調子が悪い原因でした。なので、右手を早目にリリースして、大きい円で振ることを心掛けるようになりました。オフの練習でもそれを課題にしていて、ようやく、不安なくショットが打てるようになりました」  言葉通り、飛距離が出るフェードボールを取り戻し、新型コロナウイルス感染拡大で約3カ月延びた開幕戦から好位置につけて予選突破。今季の目標は5年ぶりの「優勝」だが、本人は焦ることなく、「『自分がやってきたことを 試合でどれくらいできるか 』という 感じで 2 日間やってきたので、それを引き続き明日もやって、日曜日はいい位置に入れた ら 、上を目指してやりたいなと思います 」と話している。