Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レトロ車両3カ月ぶり運行再開 ファンに人気の観光列車、11日から いすみ鉄道

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 いすみ鉄道(千葉県大多喜町)は11日、新型コロナウイルスの影響で運行を中止していたレトロ車両の運行を3カ月ぶりに再開する。休止していた大原駅(いすみ市)の売店と国吉駅(同)の観光案内所もオープンする。  レトロ車両「キハ28」「キハ52」は鉄道ファンに人気の観光列車。土、日曜日と祝日に急行ダイヤで運行していたが、緊急事態宣言後の4月11日から運休した。県をまたぐ移動自粛要請の解除に伴い運行再開になった。  毎週日曜日にレトロ車両を利用した「レストラン列車」も12日から走らせる。同日は満席だといい、同鉄道は「来週以降はまだ空席があります」とアピールし、乗車を呼び掛ける。  国吉駅の観光案内所「ハートフルステーションくによし」では、たこ飯弁当やソフトクリーム、ポップコーンなどを販売する。運営に協力するいすみ鉄道応援団の掛須保之団長(58)は「中房総地域に観光客が訪れる足掛かりになれば。皆さまを温かくお迎えします」と力を込めた。

【関連記事】