Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アメリカの小学校で学ぶ「ブラック・ライブズ・マター」運動<現地レポート>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

コロナ禍のなか、黒人への人種差別の廃絶を求める「BLM」(ブラック・ライブズ・マター)運動が起きている激動のアメリカ。 現地の子どもたちはどんなふうに学び、どんなケアを受けているのでしょうか。 定額給付金の使い道は?「税金と生活費で終わる」「食費を補てん」 ここではシアトルで暮らし、小学生の息子をもつライターのNorikoさんに、日本とは違う情操教育事情についてレポートしてもらいました。

アメリカの「BLM」(ブラック・ライブズ・マター)。子どもたちはどう学んでいる?

●米国の教育現場に取り入れられる「ソーシャル・アンド・エモーショナル・ラーニング」 新型コロナウイルス感染防止のため3月中旬から学校閉鎖となったまま、6月中旬から夏休みに入ったシアトルの子どもたち。新学年がスタートする9月初めまで、アクティビティーが限定されるなか、引き続き長い時間を自宅で過ごすことになります。 本格的に遠隔学習が始まってから約2か月半、小学生の息子が課題に取り組めるようサポートをするのは、共働きでテレワークとなった私たち夫婦にとって過酷なチャレンジでした。しかし、子どもがどんなことを学習しているのか、なかなか見えにくかった内容に触れることができたのはよかったと思っています。 個人的に関心をもったのは、読み書きや算数といった基礎教科以外のアクティビティーです。 たとえば、「SEL」(ソーシャル・アンド・エモーショナル・ラーニング)のプログラム。これは、子どもたちの社会性や行動、態度、対人スキルなどを育みながら、学習意欲を高めていこうという取り組みです。ここ数年で、全米各地の公立学校にまで広がっています。 この教育法では大きく以下の5つの要素を通して、子どもたちにアプローチします。 (1) 自分の思考や感情、強みを理解する「セルフ・アウエアネス」 (2) 自己管理によるゴール達成を目指す「セルフ・マネジメント」 (3) 他者に共感して尊敬する心を育てる「ソーシャル・アウエアネス」 (4) コミュニケーションや人間関係構築について学ぶ「リレーションシップ・スキル」 (5) 建設的に問題解決できるようにする「リスポンシブル・ディシジョンメーキング」

【関連記事】