Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ETRC:IVECOが2020年型『S-WAY Racing trucks』を投入。王者ハーン含む2チームに供給へ

配信

オートスポーツweb

 ETRCヨーロピアン・トラック・レーシング・チャンピオンシップの2年連続チャンピオンマニュファクチャラーでもあるIVECO(イヴェコ)は、車両重量5.3tながら最高出力1100PS、0-100km/h加速4.8秒を誇る新型モデル『IVECO S-WAY Racing trucks』の投入を発表。前人未到の6冠を達成した王者ヨッヘン・ハーン率いるTeam Hahn Racingと、シュティフィ・ハルムのTeam Schwabentruckに供給する。 【写真】Team Schwabentruckに供給され、シュティフィ・ハルムがドライブする『IVECO S-WAY Racing trucks』  この両チームが参加して、5月16日(土)にドイツのウルム郊外に位置するIVECOのテストトラックで開催されたラウンチイベントでは、新型『IVECO S-WAY Racing trucks』がオンラインストリーミングでアンベイルされ、開幕が待たれる2020年シーズンへの投入がアナウンスされた。  これまでの『IVECO Stralis(ストラリス)』に代わり、新世代モデルをベースとしたレーシングトラックを開発したIVECOは、シリーズでパートナー契約を結ぶ2チームに、まずは優先的な供給を約束した。  FIA格式の欧州選手権であるETRCにおいて、長年トップドライバーとして活躍を演じるシュテフィ・ハルムは、FIAより「モータースポーツの歴史上、最も成功した女性ドライバーのひとり」と称されている。  彼女は長年在籍したレネ・ラインアート率いるReinert Racingから移籍し、2018年にTeam Schwabentruckに加入。ドイツ出身のハルムだが、これを機に母国のマニュファクチャラーであるMANからイタリアのIVECOへと愛機をスイッチしている。  その移籍初年度は初ドライブのトラックながら2勝を挙げランキング6位に入ると、続く2019年は未勝利ながら11の表彰台を獲得し、ドライバーズランキングで4位につける成功を収めた。 「2020年シーズンに、こんな素晴らしい完成度を誇るトラックをドライブできることを心から光栄に思う」と、新たなマシンを前に期待を語ったハルム。 「とくにルックスが最高に気に入ってる。でも結局のところ、そのカッコよさもトラック上でどれだけ速いかで変わってくる。レースが日常の世界に戻れたなら、昨年の反省を活かして自身を改善し、よりドライバーとして進化したことを証明したいと思っている」  一方、6度のタイトルのうち4度をMANとともに手にした王者ヨッヘン・ハーンだが、Team Hahn Racingも2018年シーズンからIVECOとパートナーシップ契約を締結しマシンスイッチを決めると、周囲の予想を覆して2年連続のチャンピオンを獲得してみせた。 「ひと目見ただけで、この新型トラックが素晴らしい性能を有しているだろうことが伝わってくるね」と、表情をほころばせた帝王ハーン。 「早くこの新型S-WAYをサーキットに連れ出したいよ。我々のチームは過去2年間、成功を手にするためにあらゆる努力を続けてきた。IVECOやFPTを含むあらゆるパートナーとの協力関係は最高の状態で、引き続き栄誉を勝ち獲るべく懸命に仕事に取り組みたい」 「我々のコンペティションは決して眠ることはない。そして私自身、手元にある月桂冠(過去のタイトル)を頼るつもりもない。今からレースが待ちきれない気分だ」 [オートスポーツweb ]

【関連記事】