Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

福岡市内で「のどの神」にお参りしてきた! 【熊野道祖神社】

配信

ファンファン福岡

 西鉄大橋駅東口から徒歩約3分。「熊野道祖(くまのどうそ)神社」(福岡市南区)には「のどの神」が祭られていると聞き、参拝することに。どんな神様なのでしょう?

「熊野道祖神社」と記された鳥居  春の日差しがポカポカ暖かい午後、取材の合間に時間ができたので、大橋駅の近くをふらっと歩いていると、おや、こんなところに神社が。  鳥居には「熊野道祖神社」とあります。表の案内板を読んでいると、お参り帰りの年配の女性から「ここ初めてですか? 奥に“のどの神社”がありますよ」とやさしく声を掛けられました。  「えっそうなんですか? 行ってみます!」と答えると、女性はニコッと会釈して、自転車に乗って去っていきました。  ふ~む「のどの神社」とは珍しい。ふだんからマスクで保湿はしてるけど、健康なのどでいたい!  この機会にぜひとも祈願せねば、と鳥居を前に一礼して、入ってみました。

素朴な雰囲気の拝殿  進んでいくと左手に手水舎があり、その奥に拝殿が。通りから少し入っただけなのに、境内はとても静かです。  さい銭をあげて鈴を鳴らし、二礼二拍手一礼。なんだか厳かな気持ちになります。

勾玉(まがたま)の形のストラップお守り  社務所には薄いグリーンの「のどのお守り」が売っていました。 確かにここには「のどの神さま」がいらっしゃるようです!  社務所には誰もいない様子。積まれた「熊野道祖神社略誌」というパンフレットを記念に一部いただきました。中には詳しい歴史が紹介してあります。1937(昭和12)年に「熊野神社」と「道祖神社」が合祀(ごうし)されて、現在の「熊野道祖神社」となったのだそうです。

イザナギノミコトをお祭りしたのが「熊野神社」の始まり  掲示板には由緒が書かれています。「熊野神社」の祭神は「サイノ神」とも呼ばれ「悪疫を塞ります神」とのこと。悪疫とは、今でいえば感染症です。このご時世にぴったり。ちなみに旅行の幸福を守護する神でもあるそうです。   そして「道祖神社」が祭る道祖神は、厄災の侵入を防ぎ子孫繁栄等を祈願する村の守り神。この地区に古くからあるようです。ふむふむ。  ふと見上げると、木々が茂り、サワサワと風に揺れています。吹き抜ける爽やかな風が気持ちよく「神社って、やっぱりいいな~、落ち着くわ~」。とてもリラックスしてきます。  それはそうと「のどの神さま」はどこにいらっしゃるのでしょう?

【関連記事】