Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

インドネシア発ヒーロー映画に見るアジアZ世代の「Localism」と域内映像産業の可能性

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

アジア太平洋地域のZ世代、グローバルな感覚とローカルへの関心

海外の若い世代の間ではどのようなトレンドが起こっているのか、気になる人は多いだろう。 この「海外トレンド」という言葉が日本で用いられるとき、多くの場合それは経済的・政治的・文化的に影響力が強い国々のものである。米国、中国、英国、欧州などがそうだ。 より広い視野で世界を見るには、これら以外の国々の状況も知る必要がある。 Wunderman Thompsonの「Generation Z : APAC」はアジア太平洋地域のZ世代のトレンドを分析したレポートだ。 同レポートは、アジア太平洋地域4500人のZ世代(1997~2007年生まれ)の価値観や消費動向を分析。地域・国別のZ世代の実態をあぶり出している。 Wunderman Thompsonアジア太平洋部門責任者のチェン・メイ・イー氏はアルジャジーラ紙の取材で、同地域のZ世代の特徴の1つとして「Seamlessness」があると指摘。 ショッピングにおいて、オンラインとオフラインという選択肢があるが、上の世代はそのどちらかの方法を選ぶ二者択一の傾向が強い一方で、Z世代はオンライン・オフラインをシームレスに行き来しているという。 たとえば「アジア発のファッション」を謳うPomeloというアパレルブランドがある。シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、香港、マカオなどで事業を展開。このPomelo、スマホアプリで試着室を予約できるサービスを開始。試着で並ばずに済むとして、Z世代女性の間で注目されているという。 同レポートはこの「Seamlessness」のほかに、「Customization」や「Inclusivity」など複数の特徴をあぶり出している。その中でも、特に興味をひくのが「Localism」という特徴だ。 物心ついたときからスマホやソーシャルメディアに触れることが多く「デジタルネイティブ」と呼ばれるZ世代。ネットを通じて同世代間でグローバルな共通意識を醸成している。 昨年世界中で数百万人の学生が参加した「スクールストライキ」は、世界中のZ世代の間で気候変動に対する共通の認識・危機感が醸成されていることを物語る現象といえるだろう。 このようなグローバルの感覚を持ちつつ、自国の文化を支援・発展させようとするのがアジア太平洋地域Z世代の「Localism」だという。

【関連記事】