Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

男性の育児休暇はなぜ取れない? 20万いいねのパタハラ告白ツイート主に聞いた、その実態

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

2020年7月1日、国内に住む20代の女性が発信した1件のツイートに、7.1万件のリツイート、20.5万件のいいねが付いた。その内容は、「夫が2週間の育休を有給で取得した結果、復帰当日に部署異動になった」というもの。 このツイートがここまで反響を呼んだ理由は、「明らかなパタニティハラスメント事例だったから」に違いない。許せないと憤慨した人、同じようなパタハラを経験した人が次々と共感し、数十万の反応へと膨れ上がったのだ。 今回は、このパタハラを受けた張本人であるSさん(30代)とその妻であるAさん(20代)にパタハラが起こった背景を聞くとともに、3ヶ月の育児休暇を取得した30代男性と父親支援事業を行うNPO法人・ファザーリング・ジャパンにも取材。 パタハラが起こる背景と男性の育児休暇取得の必然性を聞いた。

「休んだらポジション外された」Twitterに無念の叫び

こちらが話題となったツイート。その一部始終がこうだ。 Sさん(夫)とAさん(妻)は、もうすぐ2歳になる長女と生まれたばかりの長男を含めた4人家族。2人目となる長男が生まれるにあたり、Sさんは出産予定日の半年前にあたる2019年12月から、直属の上司と総務部の部長に「育休取得」の意思を伝えていた。2ヶ月の取得を希望していたものの、その希望は却下され、「復帰後の時短勤務を検討する代わりに、2週間の取得に留めてほしい」という会社の意向を受け入れた。

事態が急変したのは、育休取得2週間前のこと。急に社長から呼び出されたSさんは、「もし育休を取得すれば部署を異動させる。訴えても会社は罰金を支払うだけだ」と、脅しのような言葉を一方的に聞かされたという。 そして、2週間の育休取得後の出勤初日、Sさんは異動辞令を受けたのだ。土日休みで残業も少なかった以前の部署とは異なり、早番遅番に加え、土日出勤も発生する子育てとの両立が困難な部署だった。 「今回育休を希望したのは、両親からサポートを受けられない中で、子供の健全な成長のために私たち親が不安なく伸び伸びと育児できる環境を整えたいと考えたからです。半年前から上司へ交渉し、引き継ぎも十分に行った上で報復人事のような対応をされたことは、非常に残念であり、将来性がない会社だと失望しました。でも、だからこそ吹っ切れて、こんな時代遅れの会社は辞めようと決断できたんです」(Sさん) とはいえ、自己都合か、会社都合の退職かで失業保険の支給時期などが大きく変わる。Sさんが労働基準監督署に相談をすると、「辞めるのいつでもできるので、まずは半年間の育児休暇を取得して、その間に先の事を考えてはどうか」と提案された。 そして現在、半年間の育児休暇中だというSさん。退職については、復帰後に改めて会社と相談する必要があるという。

【関連記事】