Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【スーパーバイク世界選手権 第6戦カタロニア:プレビュー】初開催のカタロニアでレディングの逆襲なるか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J SPORTS

「FIMスーパーバイク世界選手権」はいよいよ終盤の残り3ラウンドという段階に入ってきました。伏兵ウイナーも誕生するなど、コロナ禍ならではの変則的かつ予測不可能な2020年。そのチャンピオン争いで非常に重要な戦いが、スペインのカタロニアサーキットで開催されます。「J SPORTS」では9月19日~20日に開催となる第6戦の模様をオンエアします。

史上初めて同一サーキットでの連戦がアラゴンで開催された第4戦、第5戦。合計6レースの中で、優勝はジョナサン・レイ(カワサキ)が3勝、スコット・レディング(ドゥカティ)が2勝となりましたが、レディングは第5戦レース1がリタイアとなり、チャンピオンを争う両者のポイント差は36点と広がってしまいました。

残り3戦はカタロニア(バルセロナ)、マニクール、エストリルでのレースが設定されていますが、近年「スーパーバイク世界選手権」のレースが行われているのはフランスのマニクールだけ。中でも今回のカタロニア(バルセロナ)は意外にもスーパーバイクは初開催のサーキットです。

カタロニアサーキットについてはF1スペインGP、MotoGPカタルーニャGPでおなじみのサーキットです。地名はバルセロナとなっていますが、街中にあるわけではなく、中心地から15kmほど北の近郊に位置する1周約4.6kmのコースです。

スーパーバイク初開催とはいえ、1996年からカタルーニャGPを開催していますし、多くのライダーがレース経験がありそうなイメージですが、英国スーパーバイク選手権やヨーロッパのスーパーストック選手権などプロダクションバイクレース出身者が多いため、レース経験があってもかなり昔というライダーが数多くいます。

そんな中でカタロニアを走り慣れたライダーといえば、やはりMotoGP経験者。ランキング2位のスコット・レディング(ドゥカティ)は2018年までMotoGPで活躍していましたし、2015年のカタルーニャGPでは7位フィニッシュを果たしています。ジョナサン・レイがおそらくカタロニアでのレース経験がないことを考えると、レディングは今回ポイント差を詰める良いチャンスになるかもしれません。

【関連記事】