Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【巻誠一郎のJ1順位予想/更新版】優勝候補は戦い方にブレがない川崎。開幕前に2位予想の鹿島は…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

新たなサッカーに挑戦中の鹿島は戦術浸透にもう少し時間が必要

 2020シーズンのJ1リーグがついに再開を迎え、最大5000人の観客を入れて開催されるなど、徐々にJリーグが本来の姿を取り戻しつつある。現時点ですでに4試合が消化されているが、約4か月という長い中断期間を経て勢力図は変わるのだろうか。 2020シーズン再開!J1最新順位表  ここでは、今季開幕前に『サッカーダイジェスト』誌で順位予想をしていただいた解説陣に、「降格なし」「交代枠5人」「過密日程」といった注目ポイントも踏まえ、改めて今季の順位を占ってもらった。 ●巻誠一郎(元ジェフ千葉など)  選手層に不安がなくてパス主体の戦い方にブレがない川崎は安定感があり、FC東京は守備が固いので川崎と同様に上位にくるはず。開幕前、2位に予想した鹿島はザーゴ監督の下、新たなサッカーに挑戦中。試合を見る限り、戦術浸透にもう少し時間が必要でしょう。 ●順位予想 1位:川崎 2位:FC東京 3位:横浜 ―▲ACL出場圏▲― 4位:広島 5位:柏 6位:浦和 7位:C大阪 8位:神戸 9位:G大阪 10位:鹿島 11位:札幌 12位:大分 13位:名古屋 14位:清水 15位:仙台 16位:横浜FC 17位:鳥栖 18位:湘南 ※『サッカーダイジェスト』7月23日号(7月9日発売号)より抜粋して転載 構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連記事】