Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

文/熊谷透(福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館 文化財調査員) NHK大河ドラマ『麒麟がくる』では、美濃守護代の斎藤道三(演・本木雅弘)が「殿」と呼ばれる一方で、美濃守護の土岐頼芸(演・尾美としのり)が「御屋形様」と呼ばれていました。その違いはなんなのでしょうか? 福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館の文化財調査員・熊谷透氏がリポートします。 * * *

斎藤道三が「殿」と呼ばれていたのに対して、「お屋形さま」と呼ばれていた美濃の守護・土岐頼芸。これはおそらく「屋形」が室町幕府体制下における守護クラス大名の伝統的な呼称であったためで、そして何より「屋形」という称号自体の起源がそもそも土岐家だ(と少なくとも土岐氏自身は考えていた)からでしょう。 『土岐家聞書』によれば、南北朝のころ美濃に後光厳(ごこうごん)天皇の行宮(あんぐう)が建てられましたが、還御の際にその建物に「屋形」号が下賜されて、美濃守護土岐家の住居として移築されたようです。 そして、土岐家を識別するいわばブランドとしての機能を有していたこの「屋形」という建物の名称が諸家に広まって、大名の住居とその主人を表す一般的名称として定着するに至ったのだと述べられています。 このうち後光厳天皇の美濃への行幸は史実なのですが、「屋形」と号された建物が下賜されたエピソードは、幕府のみならず天皇によっても権威づけられた土岐氏の家格の誇示が意図されていると考えられ、当時どれ程共有されていたのかはわかりません。 しかし「屋形」の建物について具体的に述べられている点が興味深く、そこから当時の建物構造の一端を知ることができます。 例えば下賜された「屋形」の建物が今(永正年間=1504~1521年頃か?)も残っていて「皇居の時の丸柱のままだ」と述べられています。これは、丸柱がいわゆる寝殿造以来の貴族住居の特徴で古式であり、当時の武家住居が書院造へと移行して、既に角柱となっていた事を踏まえた、建築史的に見ても正確な言及といえます。 また、土岐家のこのような由緒正しき「屋形」の建物の造りには細かなルールが定められていると述べられており、そこには「御主殿(ごしゅでん)」「唐破風(からはふ)」「沓脱(くつぬぎ)」「妻戸(つまど)」「蔀(しとみ)」「御会所(ごかいしょ)」「狐戸(きつねど)」「ひはだ屋(檜皮葺)」「板屋(板葺)」「門はかぶ木(冠木門)」「大門(だいもん)」など、寝殿造以来の伝統的な建具等とともに、室町時代後期の武家住居に相応しい屋敷構えも掲出されています。 このうち「唐破風」や「狐戸」などの屋根構造は、細川京兆邸や三好邸などの在京の大名屋形を特徴づけるファサードとして『初期洛中洛外図屏風』にも実際に描かれています。

【関連記事】