Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オンライン学習7割導入 福島県立高、臨時休校中に

配信

福島民報

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休校期間中、県立高八十八校のうち約七割の六十校がオンライン学習を導入した。二十七日に県庁で開かれた県新型コロナウイルス感染症対策本部員会議の席上、鈴木淳一県教育長が明らかにした。  臨時休校が始まった四月二十一日から今月二十二日までに実施した高校数をまとめた。県教委が学習内容(複数回答可)を聞き取った結果、「オンライン上での課題の配信と回収」が四十三校で最も多く、次いで教員が作成した動画や課題を後から視聴する「オンデマンド型の学習」が三十八校、リアルタイムで受講できる「同時双方向型の学習」と「民間事業者のオンライン学習教材活用」が二十一校などとなった。  段階的に学校が再開した二十五日から二十九日までに、学年や学級ごとに登校時間を分ける分散登校は六十八校で実施される。短縮授業は小規模校など二十校で行われる。

【関連記事】