Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【船橋・日本テレビ盃】ルメール騎手の手綱でアナザートゥルース/レースの見どころ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
netkeiba.com

 9/30(水)に船橋競馬場で行われる日本テレビ盃。今年3月に同じ船橋のダイオライト記念を制したアナザートゥルースなど楽しみなメンバーが集まった。主な出走馬は以下の通り。 ■9/30(水)日本テレビ盃(3歳上・JpnII・船橋ダ1800m)  アナザートゥルース(セン6、美浦・高木登厩舎)は昨年4月のアンタレスステークスで重賞初制覇。今年3月にはダイオライト記念も制覇し、連覇を狙ったアンタレスステークスは2着だったが、持ち味の長くいい脚を生かして大崩れの少ない成績。2戦2勝と好相性を誇るC.ルメール騎手の手綱も魅力で、早め先頭から押し切りも可能だ。  デルマルーヴル(牡4、美浦・戸田博文厩舎)は2歳時には兵庫ジュニアグランプリを制し、続く全日本2歳優駿で2着。3歳時はドバイ遠征を経て、積極的に地方へ参戦すると、12月の名古屋グランプリで重賞2勝目を挙げた。通算15戦のうち、14回が4着以内と安定感が魅力で、ここもしぶとく差し脚を伸ばしてくるだろう。  ミューチャリー(牡4、船橋・矢野義幸厩舎)は新馬戦から3連勝で鎌倉記念を制覇。3歳時には羽田盃で重賞2勝目を挙げると、続く東京ダービーが2着、ジャパンダートダービーが3着と南関東クラシック戦線で活躍。前走のマイルグランプリでは約5カ月の休み明けながら古馬重賞初制覇を挙げており、2歳時以来の地元戦でも見せ場はありそうだ。  ロードブレス(牡4、栗東・奥村豊厩舎)は芝では未勝利戦を勝ったのみだが、ダートに転向した今年は、初戦を大差の圧勝で飾ると、そこから3連勝でオープン入り。クラス2走目の前走は、1800mのBSN賞でオープン初制覇を挙げており、ダートで底を見せてない点は強みだ。  以下、前走のジャパンダートダービーで重賞初制覇となったダノンファラオ(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)、川崎記念で2着と健闘したヒカリオーソ(牡4、川崎・岩本洋厩舎)、地方全国リーディングを独走中の森泰斗騎手との初コンビになるストライクイーグル(牡7、大井・藤田輝信厩舎)にも上位食い込みのチャンスはありそう。  発走は20時05分。

【関連記事】