Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

飲酒検問、息のにおいはかぎません コロナで新スタイル

配信

朝日新聞デジタル

 埼玉県警川越、所沢、狭山の3署は26日夜、埼玉県川越市大仙波の国道16号で合同の飲酒検問を行った。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、署員計約20人はマスクに手袋、手作りのフェースシールドを着けた姿。飲酒の有無を確認する流れは、署員と運転者が距離をあける「新しいスタイル」だった。 【動画】禁酒、コロナに効果あり? 外国で驚きのデータ  今回の飲酒検問は緊急事態宣言の解除などにより、人や車の往来が増え、飲酒運転も増える可能性があるとして実施。新型コロナの影響で警察も時差出勤を導入しており、人員を補うために合同で行った。  飲酒検問ではこれまで、主に署員が運手者の顔に鼻を近づけて息のにおいをかぎ、飲酒の疑いがあれば、風船を膨らませる方式の飲酒検知器で呼気中のアルコール濃度を測っていた。今回、運転者の顔に近づけてにおいをかぐのをやめた。まず、マイク型のアルコール感知器で飲酒の疑いを探り、反応があれば飲酒検知器を用いる方法に切り替えた。

朝日新聞社

【関連記事】