Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

症状出てる? iPadの買い替え時がわかる7つのサイン

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ライフハッカー[日本版]

突然、iPadの動きがかなり遅くなったと感じることはありますか? 昔は最新型だったデザインに今では感動することもなく、アプリの選択肢が少なくなったことで、自分のiPadが古くなったことに気づきます。 【全画像をみる】症状出てる? iPadの買い替え時がわかる7つのサイン 自分のiPadがサポート対象外のデバイスになっていないかを確認しましょう。今回は、iPadの買い替え時がわかるサインをお教えします。 目次 1. iOSの互換性に問題がある 2. アプリがよくクラッシュする 3. 常に容量不足 4. 新しいアクセサリーに互換性がない 5. バッテリー寿命が短い 6. 表示されない、画面の調子が悪い 7. ボタンが反応しない 新しいiPadはどれを買うべきか?

iPadはどれくらいもつのか?

これは単純な質問ではありません。色々な意味で、iPadをどれくらい定期的に使っているかによります。 ハードウエアやバッテリーの寿命という点では、たまにしか使わないiPadは長持ちする可能性が高いです。しかし、OS、アプリ、ストレージ、ハードウエアなどについても考慮すべきでしょう。 自分のiPadが買い替え時なのかを知るには、以下の点について見てみましょう。 iOSの互換性に問題がある アプリが強制終了/機能停止する ストレージの空きが少ない アクセサリーに互換性がない バッテリー寿命が短い ディスプレイに問題がある ボタンの反応が悪い 経験から言うと、5年以上前のiPadは、パフォーマンスが悪く(遅く)なっています。一方で、6~7年前から使っていても、大きな問題なく快適に使えるiPadもあります。 自分のiPadがどれくらい保つのかを知るには、自分のiPadのモデルを知ることから始めましょう。それから、いつ新しいiPadを買うべきか判断できます。 さらに助けが必要な人は、iPadの買い替え時を知らせる重要なサインについて見ていきましょう。

1. iOSの互換性に問題がある

すべてのOSは、時々アップグレードしなければなりません。 それによって、セキュリティパッチや新機能が追加されることもあれば、古い機能が削除されることもあります。iPadのOS(2019年9月以降のiPadOSとそれ以前のOS)も例外ではありません。 最新版のiPadOSに対して、自分のiPadが古過ぎる場合は、重要なセキュリティパッチや便利な機能を逃している可能性があります。 例えば、この記事を書いている時点で、2019年のiPadOS 13が動作するデバイスは、2014年に発売されたiPad Air 2までです。 それ以前のモデルを持っている場合は、最新のiPadOSにアップグレードできないので、新しいiPadを買うべき時と言えるでしょう。

【関連記事】