Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

機能的なデザインが魅力!2020春夏はメンズの「ミニバッグ」をゲットせよ

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

スーパービッグからマイクロミニまで、目まぐるしく変化しているレディースのバッグトレンド。一方、メンズはというと、これまでは「バッグを持つ」ということ自体が少なく、ランウェイやストリートスナップでの登場の機会は限られていた。 【写真】知っておきたい2020年春夏のバッグトレンドTOP6 しかし、昨今のジェンダレスやダイバーシティといったムーブメントがファッション界を席巻していることもあり、2020春夏メンズコレクションでは多くのブランドのランウェイにバッグが登場。その注目ポイントは、ハンドル付きのものやチェーンストラップなど、まるでレディースのランウェイに登場するようなデザインのミニバッグであることだ。

例えば、フェンディ(FENDI)ではラフィア素材のフラップバッグが登場。写真のようにクラッチバッグのように使うことができるほか、底のジッパーを開くとマチが広がるエキスパンダブル仕様となっていることも魅力的だ。また、ディオール(DIOR)はスーツケース製造で名高いリモワ(RIMOWA)とコラボレート。ミニバッグのコンパートメントはコインケースやカードスロットで分かれており、こちらもストラップを取り外してクラッチのように持つことができる。

また、バーバーリー(BURBERRY)では、パーカースタイルにチェーンバッグを斜め掛け。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)でも、同じくパーカースタイルにトランクタイプのミニバッグをコーディネート。異色ともいえるスタイリングながら、カジュアルなスタイリングに絶妙にマッチさせている。

さらに、プラダ(PRADA)のメンズキャンペーンでは、オースティン・バトラー(Austin Butler)がミニバッグとともに登場。サフィアーノ素材のコンパクトなサイズ感のバッグは、ハンドルとショルダーストラップの2WAY仕様となっている。 いずれのブランドのバッグにも共通するのは、使い勝手の良い絶妙なサイズ感と、多様な持ち方や収納力などの機能的側面だ。 デザイン性はもとより、その利便性の高さも兼ね備えたメンズのミニバッグは、ジェンダレスなムーブメントも相まって、次のトレンドアイテムとなりそうだ。

【関連記事】