Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大阪府の吉村知事の執念実った!! 公表したパチンコ7店全てが休業「批判も受けましたが、知事として現実を動かしていきます」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 大阪府の吉村洋文知事(44)が30日、自身のツイッターを更新。公表したパチンコ7店全てが休業に応じたことを報告した。  「公表したパチンコ7店全てが本日休業、感染拡大防止にご協力頂きました。様々なご事情ある中、感謝致します。これで大阪府内全パチンコ店(約700店)に休業のご協力を頂きました。『公表しても宣伝なるだけ!逆効果!』と批判も受けましたが、知事として現実を動かしていきます」  吉村知事は24日から28日にかけ、休業要請に応じなかった府内のパチンコ10店について、新型コロナウイルス対策の特別措置法の45条に基づき、店名を公表。このうち、3つの店が店名の公表後に休業に踏み切り、2つの店が休業する意向を示した。ほかの5つの店は休業に応じる姿勢を見せず営業を続行。そこで大阪府は、要請に応じない場合は、30日、特別措置法に基づく休業の「指示」を出す方針を示していた。特別措置法によると、休業要請については「協力要請」「要請」「指示」の3段階があり、指示は法的履行義務が生じるものの、罰則はない。  大阪府には700店近くのパチンコ店が存在。吉村知事は「全体で見たリスクは抑えられている。これはやるべきだと思います。府民の命を守るための必要な選択だと思う。政治判断としてやっていきます」と強気に説明していた。

【関連記事】