Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホンダのカスタマイズ コンプリートカー、「フリード Modulo X」がマイナーチェンジ

配信

Webモーターマガジン

上質でスポーティな走りをさらに深化

2020年5月28日、ホンダはコンパクト ミニバンであるフリードのカスタマイズド コンプリートカー「Modulo(モデューロ)X」をマイナーチェンジして、5月29日に発売すると発表した。 【写真】専用装備の内容を詳しく見る(全6点) モデューロ Xとは、ホンダが専用のカスタマイズパーツ(ホンダアクセスが開発)を量産工程で装着し、販売するコンプリートカーのブランドだ。このフリードをはじめ、ヴェゼル、ステップワゴン、そしてS660がラインアップされている。 フリードはホンダのコンパクトミニバンで、トヨタ シエンタと市場での人気を二分している。現行型は2016年9月に発表された2代目だが、2019年10月にマイナーチェンジされている。フリードのモデューロ Xはマイチェン前にラインアップされていたが、マイチェン後は今回ようやく追加されることになったというわけだ。 まずエクステリアでは、新設計の専用フロントエアロバンパーや専用フロントグリル、専用LEDフォグライトで存在感を演出している。インテリアも、シート表皮にはプライムスムースラスエード調を採用したコンビシートとすることで、質感を向上させるとともに体の滑りを抑制している。ブラック基調のインテリアカラーと合わせて、特別感が演出されている。 日常の速度域でも空力効果を体感できる「実効空力デバイス」として、旋回性の向上を狙ったエアロフィンをバンパー側面に、直進安定性向上を狙ったエアロスロープと乗り心地の向上を狙ったエアロボトムフィンを下面に設置。走行性能の向上を追求し、モデューロ Xシリーズの特長である上質でスポーティな走りを磨き上げることで、ドライバーには爽快な走りを、パッセンジャーにも快適な乗り心地の提供を目指しているという。 熟練のエンジニアによる人の感覚を大切にした開発をさらに追求することで、モデューロ Xらしい上質でスポーティな走りをさらに深化させた。フリード モデューロ Xの主要装備は、以下のとおりだ。 <エクステリア> ・専用フロントグリル ・専用フロントエアロバンパー ・専用サスペンション ・専用15インチアルミホイール ・専用サイドロアスカート ・専用リアロアスカート ・専用LEDフォグライト ・専用フロントビームライト ・専用リアエンブレム(Modulo X) ・専用ドアミラー(クリスタルブラック・パール)など <インテリア> ・専用ブラック コンビシート (プライムスムースラスエード調/Modulo Xロゴ入り) ・専用本革巻ステアリングホイール (ディンプルレザー&スムースレザー/ピアノブラック調) ・専用フロアカーペットマット (プレミアムタイプ/Modulo Xアルミ製エンブレム付)など ボディカラーはプラチナホワイト パールなど全4色を設定。車両価格(税込)は、1.5Lガソリンエンジン車(6人乗り/7人乗り)が295万200円/297万2200円。1.5L+モーターのハイブリッド車(6人乗り/7人乗り)が325万6000円/327万8000円。トランスミッションは、ガソリン車がCVTでハイブリッド車が7速DCT。駆動方式は、いずれもFFのみとなっている。 なお、9インチ プレミアムインターナビ(専用オープニング画面+フロント用ドライブレコーダー付き)装着車も設定されており、車両価格(税込)は各23万5400円高となる。

Webモーターマガジン

【関連記事】