Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【#自宅より愛をこめて】「ギザ10」「フデ5」レア硬貨の世界 数千倍に跳ね上がる10円玉も 電子マネーで値上がりした1円玉のカラクリ

配信

withnews

 新型コロナウイルスの感染拡大によって外出を控えるようになり、自宅の掃除が進んだ方も多いのではないでしょうか。昔、祖父からもらった古い硬貨を私は見つけました。他にも、なぜ集めたのか分からない10円玉貯金もありました。もしかしたら中には高価なものもあるのでは? 愛好者の多い「ギザ10」や知る人ぞ知るレア硬貨など、価値のある硬貨とその理由をまとめました。(朝日新聞デジタル編集部・影山遼) 【画像】条件揃えば5円→4万円に!「フデ5」どう違う? 過去には「穴」のない5円玉も…レア硬貨の世界

ギザあり→ギザなしへ

 まずは昭和の硬貨から。誰もが名前を聞いたことのある「ギザ10」を紹介します。  そもそも、なぜギザがついているのか。貨幣を製造している造幣局の職員によると、昭和26~33年の10円は、当時の最高額面であることを示すために、縁にギザギザがつけられています。昭和32年に100円銀貨が発行され、この100円にもギザがあって区別が難しかったことから、昭和34年に現在のギザのないデザインへと変わりました。  コイン販売業者らでつくる日本貨幣商協同組合が発行する『日本貨幣カタログ2020』によると、一番高いのは、登場したばかりの昭和26年の「完全未使用品」で8万円。他も、完全未使用品は1万8千円~5万円と高額です。ただ、一番新しくても昭和33年のため、完全未使用品が出てくる可能性は限りなくゼロに近いです。  「並品」なら可能性はあります。こちらの定義は「全体に摩耗がすすみ高い部分の図案の多くが消えている。キズが多く、汚れ、変色も全体に見られる」です。昭和26年で50円、昭和32年で80円、昭和33年で100円。ちなみに、昭和27~30年は額面通りの10円にしかなりません。保存状態として最も多いとされる「美品」になると、昭和33年の200円を筆頭に、昭和32年150円、昭和26年100円、昭和27~30年が50円になります。あまり驚くほどではありませんが、見つけることはできそうです。

「ギザ10」の時期に「フデ5」

 「ギザ10」ほど知名度はありませんが、語感の似た「フデ5」と呼ばれる硬貨もあります。  5円の裏面(年号のある方)を見てみると、書いてあるのは洋数字ではなく漢数字ですが、昭和24年~33年に発行されたものは、現在のゴシック体ではなく、楷書体で書かれています。これが、筆で書いたように見えることから「フデ5」と呼ばれています。  造幣局のサイトでは「5円貨については、昭和24年に穴あきの黄銅貨として、『稲、歯車、水』と『双葉』のデザインで誕生しました。その後、昭和34年に文字の書体が楷書体からゴシック体へと改正され、現在の5円貨のデザインとなっています」と説明しています。  完全未使用品だと一番高額なのが、昭和27年の4万円。美品・並品になると、昭和32年が高く、美品500円、並品250円。期待が持てる価格です。

【関連記事】