Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【高校】札幌のスカウトが「一目惚れ」国見高FW中島大嘉が加入内定会見

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サッカーマガジンWeb

北海道コンサドーレ札幌への加入が内定した長崎・国見高FW中島大嘉の記者会見が、9月1日に同校で行なわれた。スカウトが「一目惚れした」という逸材が、プロ入りの喜びと決意を力強く語っている。 札幌のスカウトが「一目惚れ」した鳥取県内での練習試合の様子

ライバルは『怪物』ホーラン

 2002年6月8日生まれ、大阪府出身の中島大嘉は、RIP ACE SC U-15から長崎・国見高に進学。188センチ・77キロの体格、手動計時で5秒8から6秒フラットのスピードというポテンシャルの高さで次第に評価を高め、多くのJクラブが獲得に興味を示していたが、8月28日に北海道コンサドーレ札幌への加入内定が発表されていた。  9月1日の記者会見には中島のほか、同校の山口朋之校長、サッカー部の内田利広総監督、木藤健太監督、札幌の竹林京介強化部長が出席。長崎のメディアに加え、オンラインで全国および北海道のメディアも参加し、大きな注目の中での会見となった。  中島は「自分がいま、ここにいるのは、いままで自分をサポートしてくれた方々のおかげ。これからも感謝の気持ちを忘れず、プレーでも言葉でも伝えていければと思っています」とコメント。札幌を選んだ理由については「練習と試合を見に行ったとき、すごく良い環境が整っていたことと、とても素晴らしい監督・スタッフ・選手の方々がいて、ここで自分が努力すれば間違いなく、大きく成長できる、自分が目標としているところに近づけると思った」と説明した。  竹林強化部長からは、獲得に至った経緯が明かされた。札幌の鈴木智樹スカウトが初めて中島のプレーを見たのは、7月末に鳥取県内で行なわれた練習試合。「能力に一目惚れして、報告があり、クラブ内で社長、GM(ゼネラルマネジャー)と相談した結果、獲りにいこうということになり、話をさせていただいた」(竹林強化部長)という。  従来の流れでは、そこから練習参加を経て正式オファーに至るケースが多いが、現在は新型コロナウイルスの影響で練習参加が禁じられていることもあり、施設見学と試合観戦のみで中島を現地に招待。前述した本人のコメントにもあるように環境の良さも決め手となり、約1カ月というスピードで加入内定となった。

【関連記事】