Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

若者トレンドは「韓国発」が総なめ そして始まる日本発祥アイテムとの美しき融合

配信

アーバン ライフ メトロ

若者の流行は「韓国から来ている」

 2020年6月から7月にかけて、さまざまなメディアから2020年上半期のトレンドランキングが発表されました。皆さんはご覧になりましたか? 【画像】日本発祥の「プリクラ」、韓国発の最新機種が大人気(4枚)  Z世代(1996~2012年に生まれた若者たち)の流行や価値観について調査・分析している私たち「Z総研」も、独自に行ったトレンド調査をもとに「Z総研2020年上半期トレンドランキング」をまとめました。  その結果から見えたのは、やはりZ世代のトレンドは「韓国から来ている」ということです。早速その内容を見ていきましょう(調査は、東京などに住む10~20代の男女106人を対象に、2020年6月22日~28日にインターネット上で実施しました)。

食べ物ランキングでは1~4位を独占

 トレンドランキングの「食べ物・飲み物編」では、なんと上位10点のうち韓国での流行が日本へも飛び火したものが七つもランクインしています。  1位の「ダルゴナコーヒー」とは、牛乳の上に泡状にしたコーヒーホイップをのせたもの。外出自粛の期間中にInstagramで「#おうちカフェ」というハッシュタグとともに手作りしたダルゴナコーヒーの画像を投稿するのが流行しました。  以下、発祥地は台湾ながらSNS映えの良さから日本に先駆けて韓国でも大人気となったご存じ「タピオカ」のほか、水あめでコーティングしたイチゴを串に刺した「いちご飴(あめ)」や、韓国版アメリカンドッグとも言われる「チーズハットグ」など、東京都内を中心に関連店舗をいくつも見るようになった人気フードばかりです。  以上の上位4位までを、韓国発の流行が独占しました。  また、「コスメブランド編」でも韓国コスメは10位中5ブランドがランクイン。韓国発のモノ・コトが日本のZ世代の流行に大きな影響を与えている現状があらためて浮き彫りになりました。

似ているけれど違う、そこが魅力的

 韓国のニューカルチャーがこれほど日本の若者に影響を与えるようになったのは、やはりSNSの影響が大きいようです。SNSがあれば国境を飛び越えて他国の流行をリアルタイムで知ることができ、気になるアイテムがあれば1クリックでスマホから購入することもできます。  日本と韓国は海を挟んでお隣同士。若者の顔立ちやメイク、ファッションも似ているようでやはり違うものです。親世代には分かりにくい微妙な違いが若者にとっては新鮮で、魅力的なニュアンスとして受け取られているのではないでしょうか。

【関連記事】