Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

佐野恵太、平良拳太郎、涌井秀章…今季のタイトル争い、ダークホースは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 今季も約3分の1が終了。各タイトルランキングを見ると、毎年のように名を連ねる選手もいれば、予想外の快進撃を見せる「ダークホース」もいる。今回は、シーズン開始前の予想を大きく超える成績を残している、「タイトル争いのダークホース」をまとめてみた。 ※通算成績は2020年8月15日終了時点のもの

ダークホースの活躍が目立つセ・リーグ打撃ランキング

 セ・リーグの打撃部門では、やはりDeNAの佐野恵太だろう。佐野はその才能が認められながらも、昨季までレギュラーの座をつかめずにいた。しかし、今季はアレックス・ラミレス監督から新キャプテンに指名され、開幕から四番を任されるという異例の大抜擢を受けた。佐野は監督の期待に応え、50試合を終えて打率.342、9本塁打、34打点と打棒を発揮。パワーもさることながら、高いバットコントロール技術で安打を量産しており、打率と安打数(65本)はリーグトップ。ここまでの活躍を予想できた人は少ないだろう。  広島の堂林翔太も昨季までの成績からすると、予想外の成績を残している選手だ。初の開幕一軍を迎えた2012年はフル出場を果たしたが、以降は一軍では好成績を残すことができなかった。しかし、今季はオープン戦で4割近い成績を残して開幕スタメンに抜擢されると、7月25日のDeNA戦まで打率4割をキープする活躍を見せた。現在は打率.302まで下がったが、再びの巻き返しに期待したい。  今季プロ5年目のヤクルト・山崎晃大朗も、8月に入って調子は落としているが、期待以上の活躍を見せている。開幕4戦目で五番に抜擢されると、6月は月間打率.375、7月も.329と安定したバッティングでチームに貢献。現在までに44試合に出場して打率.300と、若き大砲・村上宗隆、生涯打率歴代トップの青木宣親に次いでチーム3位にランクインしている。  パ・リーグの打撃ランキングでは、楽天のステフェン・ロメロがダークホースといえる存在だ。昨季は故障が続き、思うようなプレーができずに自由契約となったロメロだが、楽天に加入した今季は開幕から好調。50試合を終えた時点で打率.321、15本塁打、35打点と好成績を残しており、打率はリーグ6位、本塁打は2位タイだ。7月は一時期成績を落としたが、8月に入ると13試合で6本塁打と再び上昇。17本塁打の中田翔(日本ハム)を追い、柳田悠岐(ソフトバンク)、浅村栄斗(楽天)、山川穂高(西武)と本塁打2位で並ぶが、抜け出すことができるか。

【関連記事】