Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“ガラスの天才”がアーセナル時代を回想! ペップに「がっかり」、退団の理由は「エメリのバイブス」?

配信

SOCCER DIGEST Web

「がっかりした」というペップの発言とは?

 2018年の夏からウェストハムでプレーするジャック・ウィルシェアは、弱冠16歳で名門アーセナルのトップチームデビューを飾り、10番も背負った天才だ。 【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!  将来を欲望されながらも、度重なる怪我に悩まされたことで“ガラスの天才”とも言われたウィルシェア。現在28歳となった彼は、英公共放送『BBC』によると、ポッドキャスト番組『606 Savage Social』でアーセナル時代の様々なエピソードに言及した。  彼が最初に語ったのは、2011年にチャンピオンズ・リーグ(CL)のバルセロナ戦で2-1の勝利に貢献した時のことだ。メディアから賛辞を浴びたウィルシェアについて、当時バルサの監督だったジョゼップ・グアルディオラは、「バルサのBチームには彼のような選手がたくさんいる」と口にして物議を醸した。  ウィルシェアはそのときのことを「第2レグの前にみんなが『ウィルシェアはああだ、こうだ』と言っていた。そしてペップは僕を叩いたね。あれは少しがっかりしたよ!」と振り返った。  また、アーセナル時代の“最高のアドバイザー”を問われたウィルシェアは、迷わずに「セスク(・ファブレガス)だ」と答えている。 「彼がチームに入ってきたとき、僕は12歳でアカデミーにいた。だから、彼みたいになりたいと思ったよ。トップチームに上がってからも、彼にがっかりさせられることはなかった。素晴らしかったよ。今では良い友人だから不思議に聞こえるけど、本当にスターに憧れるみたいな感じだった」  ただ、残念に思うこともあったようだ。ウィルシェアは、2012年の夏にキャプテンだったロビン・ファン・ペルシーが宿敵のマンチェスター・ユナイテッドに移籍したことには「打ちひしがれた。これからタイトルに挑戦しようというときに、突然最大のライバルに去ったんだ」と振り返っている。 「受け止めるのが難しかった。セスクが去ったときも、(サミア・)ナスリのときも、ビッグネームがいなくなったときに僕はいた。一緒に続けていたら、プレミアリーグで優勝できていたと思う。そこからどこまでいけたか、だれにも分からないね」

【関連記事】