Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「セクハラが原因の転職の有無」 男女とも半数近くに経験あり

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オーヴォ

 キャリア転職センター(東晶貿易・東京)が「セクハラによる転職経験の有無」を調査したところ、対象となった20歳以上の男女4,800人のうち、748人に当該経験があるということが分かった。男性46%、女性54%で、未婚47%、既婚53%と、性別や婚歴の有無にかかわらずセクハラの被害を受けているということが判明した。  差し支えない範囲で具体的な内容を尋ねたところ、大別して「言葉によるハラスメント」、「身体に触れる」、「性差別に関する言動」、「プライバシーに関わる内容を執拗に聞く」、「親密な関係を迫る」という嫌がらせが多く、中には在宅勤務中の自宅への押しかけや、トイレの盗撮などの職場外でのハラスメントもあった。  もっとも、セクハラによる転職経験のある人の54%が「何も対処を行わなかった」といい、次いで「上司・同僚に相談した」が27%、「本人にやめて欲しいと伝えた」、「社内の相談窓口を利用した」が下位に続くという結果になった。  また今回のアンケートでは、自分が直接的に受けているということだけでなく、セクハラを受けている現場を見ている、という回答も散見された。直接被害を受けているわけではないものの、そのハラスメントが行われている現場を目撃すること自体がハラスメントであるという認識も強まってきているのだ。何らかの被害にあった場合は、社内のしかるべき機関や組合へ相談、また各都道府県労働局雇用環境・均等部へ相談を行うことで、会社に対し是正勧告を行うことができる。

【関連記事】