Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<新型コロナ>日高の巾着田曼珠沙華公園でヒガンバナ刈り取り 500万本自生「来年に期待」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 埼玉県日高市は、17日から同市高麗本郷の巾着田曼珠沙華公園でヒガンバナの刈り取りを開始する。作業は下草刈りと一緒に草刈り機などで行われる。作業が行われる際は石が飛ぶなどするため作業エリアを立ち入りできないように規制する。 <新型コロナ>封鎖の秩父・芝桜の丘に大勢の観光客 シバザクラの開花進み入園「現在の様子を見に来た」

 同公園にはヒガンバナが約500万本自生していて、例年9月中旬から咲き始め、全国から20万人以上の観光客が訪れる。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、花が咲き始める前に芽の刈り取りをすることを決めていた。  また昨年10月の台風19号で被害を土砂に覆われるなどした公園内の一部では、今年7月に球根約千個を植え直した。そのエリアでも芽の発芽が確認され市の担当者は「植え直した球根からも発芽したので、刈り取ってしまっても来年、花が咲くことが期待できる」と話していた。

【関連記事】