Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ルクアイーレに高槻の人気焼き菓子店「オヤツヤイス」 マフィンやクッキーなど

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 焼き菓子店「OYATUTA.ISU(オヤツヤイス)」(TEL 06-6454-6565)が8月28日、梅田の商業施設「ルクアイーレ」(大阪市北区梅田3)1階にオープンした。(梅田経済新聞) 【写真】マフィンは全52種類を用意  「甘いものが大好きで、放課後には駄菓子屋に行くのが一番の楽しみだった」という店主が手掛ける同店。2017(平成29)年12月に大阪・高槻市にオープンした1号店は、子どもから年配までの幅広い層が訪れ、他府県からの客も多く来店するという。今回の出店は高槻市3店、茨木市1店に次ぐ5店舗目で、商業施設内の出店は今回が初。  「田舎娘の世界一の焼き菓子屋さん」をコンセプトに、マフィンやキッシュなどを提供する同店。ショーケース内に並べたマフィンは「気軽にパクっと食べられるように」と1~2口の小さめのサイズで、定番の「バナナチョコ」(160円)や、オレンジピールを載せた「オレンジショコラ」(130円)、自家製のジンジャーシロップを使った「ジンジャー」(160円)など52種類を用意する。期間限定で、フルーツ大福(ブドウ、リンゴ、キウイの3種)と合わせたマフィンも。そのほか「かぼちゃとクリームチーズ」や、「ほうれん草とベーコン」などのキッシュ5種類も販売する。  同店では、「ピーナッツバター紅茶」や「レーズン」など18種類のクッキー(各120円)を先行販売。そのほか、手土産としてもお薦めというマフィンとキッシュのセット「OYATUYA.ISU満喫セット」(1,200円)や「18種の瓶入りクッキー」(1,800円)、「レモン紅茶のパウンドケーキ」(缶タイプ、1,600円)なども販売する。  店舗責任者の井野明日香さんは「商品はもちろん、私たちにしかできない接客というのも大切にしている。来てくださった全ての方に満足していただいて、『また来たい』『誰かに紹介したい』と思ってもらえるようなお店にしたい」と話す。  営業時間は10時30分~20時30分。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】