Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

散策路に花苗植える 入善・水の小径で花いっぱい大作戦

配信

北日本新聞

 入善町の散策路「水の小径(こみち)」に花苗を植える「花いっぱい大作戦」が22日行われ、入善高校の教職員や町職員計25人が白やピンク、オレンジなどの色鮮やかな花苗を植え込んだ。  「水の小径」は町役場南側と中央公園を結ぶ町道にある長さ約1キロの遊歩道で、小川が脇を流れる。町と同校は2014年度、花壇の植栽に取り組む協定を結び、年2回行っている。  例年は高校生が参加しているが、今年は感染拡大の影響で休校となり、生徒への応援を兼ねて教職員らが行った。新緑に彩られた散策路の花壇に同校で種から育てたベゴニアやマリーゴールドなど約千鉢を植えた。周辺の清掃活動も実施した。

【関連記事】