Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

韓国人、きょうからヨーロッパ旅行可能に

配信

朝鮮日報日本語版

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、欧州連合(EU)のシャルル・ミシェル欧州理事会議長、ウルズラ・フォン・デア・ライエン欧州委員長とテレビ首脳会談を行い、新型コロナウイルス対応共助などを骨子とする14項目の共同発表文を採択した。これは文大統領にとって今年初の二者首脳会談であると共に、韓EU首脳会談は2018年10月以降、1年8カ月ぶりとなる。  双方は発表文で、「EU首脳は韓国が国際労働機関(ILO)の基本条約批准を含め、労働分野に関する措置を取るため継続的に努力してほしいと言った」と述べた。これは文大統領にILO基本条約の早期批准を促したものだ。EUは労働基本権中核協約未批准を理由とした韓EU自由貿易協定(FTA)違反問題を提起している。これに対して韓国政府は解職者や失業者の労働組合加入許可などを盛り込んだ労働関連3法の立法を推進しているところだ。双方はまた、「新型コロナウイルス対応の経験を共有し、新型感染症ワクチン・治療薬研究開発のための協力などを話し合った」と明らかにした。  EUは7月1日から韓国・日本など14カ国の国民の入国を許可する予定だと英BBCなど海外メディアが報じた。外国人の入国許可は今年3月16日以来、約4カ月ぶりだ。

【関連記事】